プロフィール

Kodek

Author:Kodek
タイの社会・文化をタイ字新聞やタイ語の記事を通して理解しおうとするブログです。日本語で伝えるタイの情報にはどうしてもバイアスがかかってしまう。タイの新聞にはタイの新聞の「味」があります。おもしろおかしく紹介する風潮とは一線を画してタイ語の記事のおもしろさを伝えられればと思っています。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

日々衝突は激化する

20140118225823cb4.jpg


'Clashes could intensify'
Pakorn Puengnetr
The Nation January 18, 2014 1:00 am

日々、衝突は激化する

The Nationより
2014年1月18日 1:00 am

Kodek注:ネパールに出張していて記事の更新がおくれました。機内で読んだ読売新聞に掲載されていたネーション紙の記事です。

'Clashes could intensify'
Pakorn Puengnetr
The Nation January 18, 2014 1:00 am

'Group of trained people collecting resources to foment violence'

With anti-government protests looking set to continue, Bangkok appears likely to witness intensifying violence as days go by.

Army Chief General Prayuth Chan-ocha believes it is possible that the campaign led by the People's Democratic Reform Committee (PDRC) leader Suthep Thaugsuban could stir up violence similar to that created by the so-called "men-in-black" during the 2010 political riots.

"A group of people is using violence because they think without it they will not achieve victory … Their methodology is the same as the one used in 2010, but I do not know if they are the same group," Prayuth said.

The Army chief was speaking after clashes at the Thai-Japanese Stadium left a police officer and an anti-government protester dead. The media ran pictures of men-in-black on the rooftop of a building belonging to the Ministry of Labour.

Clashes also occurred between students at Ramkhamhaeng University and pro-government red shirts from November 30 to December 1.

Suthep took to the rally stage on Tuesday and Wednesday this week and claimed that senior police and leaders of rival political camps were financing attacks against PDRC protesters.

Satit Wongnongtaey, a PDRC leader also referred to the so-called "Kalamae group" last Monday, saying it was believed that this group was heavily armed and responsible for creating violence. Some believe a woman leads the group.

Violence is likely to intensify after the 191 special task force, which set up a checkpoint on Sukhumvit Road, arrested three men and a woman with four grenades, a gun and ammunition. The arrests were made the same night that an M26 grenade was thrown into the grounds of Democrat Party leader Abhisit Vejjajiva's house on Sukhumvit Soi 31.

Bangna police dismissed claims that the arrested suspects were involved in the attack, but PDRC leaders insist they were from the same group and have ties with the government camp. Unconfirmed reports allege that the number of weapons seized during the arrests was much larger than that reported in the press.

Security agencies have said a group of trained people equipped with resources is preparing to create violence at rally sites, and that they are supported by a logistics team that transports the weapons to their networks.

Preparations are also thought to be part of an anti-military coup movement. The group is allegedly assisted by some members of the police, who allegedly co-ordinate attacks from a 'safe house'. Illegal business operators are believed to be financing the operation.

However, National Security Council secretary-general Lt Gen Paradorn Pattanatabut believes an ill-intentioned third-party may be responsible for the violence. He said the people involved disguise themselves as protesters. His agency is carrying out inquiries to find out who the group works for.

治安当局、1人づつ探し出す、内閣、選挙管理委員長の間で会談、タイ政府は2月2日の選挙に固執

特別に訓練された集団が暴力を扇動する武器や弾薬を集める

反政府抗議運動がいぜん継続しているバンコクだが、日毎に激しくなる暴力ざたが起こっている。
陸軍司令官プラユット・チャンオーチャ陸軍大将は、人民改革議会リーダーのステープ・タウスバンのキャンペーンが2010年の政治的動乱に現れた「マン・イン・ブラック(黒い装束の軍団)」が起こしたのと同じような暴力を起こしかねないと考えているとのべた。
「このグループは、暴力を利用する。なぜなら、それなしでは、勝利を得られないと考えているからだ。この手法は2010年に用いられたのと同じだ。しかし、同じ集団であるかどうかは、わからない。」とプラユットは述べる。
陸軍司令官が、タイ・日本スタジアムでの衝突で警察官と反政府抗議者が死亡した後に、このように談話を発表する一方、マスコミは、労働省ビルの屋上の「マン・イン・ブラック」の写真を掲載した。
衝突は、11月30日から12月1日にかけてラムカムヘン大学の学生と赤シャツ隊の間でも起きている。
ステープは、今週の火曜日と水曜日に、反政府デモのステージに立ち、対立する陣営の政党政治家の幹部及びリーダーが「人民議会」への財政的支援の邪魔をする攻撃を行っているとクレームをつけた。
「人民議会」のリーダー・サティット・ウォンノイタイは、先週の月曜日、「カラマ・グループ」と呼ばれている集団に言及し、そのグループは武器を重装備しており、暴力を引き起こして撹乱する使命を担っていると思わると述べた。ある者は、女性が率いていると信じている。暴力は、スクンビット通りに検問所qを設置した191特別タスク・フォースから激しくなっている。この検問所では、手榴弾、銃や武器を持った男女が捕まった。
逮捕は、同夜、M26手榴弾がスクンビット・ソイ31の民主党党首のアピシットの家に投げ込まれたということで行われた。
バンナー警察は、逮捕された容疑者は攻撃に巻き込まれた人達であると否定しているが、サティットは、彼らは政府陣営と関係があると主張している。未確認情報によれば、逮捕の時に、マスコミに報道された以上の数多くの武器が押収されたとされている。
治安当局が述べるに、特別に訓練された集団が抗議デモサイトで暴力を起こそうと準備していて、ネットワークで繋がった武器を運ぶロジチームに支援されていると言う。
準備しているのは軍のクーデターに反対するグループの一部であるとも考えられている。このグループは自分は安全圏にいて攻撃をかける警察グループに支援されていると巷でいわれている。そして、武器を売買する非合法ビジネス活動が、この活動を財政的に支えている信じられている。
しかし、国家治安局の事務局長のパラドン・パタナブットは、悪意のある第三者に暴力の責任があると述べる。抗議デモ参加者に偽装した人物達が紛れ込んでいると言う。治安当局は、これらの集団を探し出そうと努めていると述べた。

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ
タイ・ブログランキング








スポンサーサイト

<< 戦慄!戦勝記念塔の演説舞台で2発の爆弾 | ホーム | 海外のウェブサイト、2013年のアジアの顔にステープを持ち上げる >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム