プロフィール

Kodek

Author:Kodek
タイの社会・文化をタイ字新聞やタイ語の記事を通して理解しおうとするブログです。日本語で伝えるタイの情報にはどうしてもバイアスがかかってしまう。タイの新聞にはタイの新聞の「味」があります。おもしろおかしく紹介する風潮とは一線を画してタイ語の記事のおもしろさを伝えられればと思っています。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

環境汚染管理局、石油オイル汚染の化学物質駆除に立ち向かう、水棲動物への遺伝的影響はなし

130802pbs.jpeg

KODEK注:世界中にニュースとして発信されたコサメット沿岸の石油オイル流出事故のその後のニュースです。

กรมควบคุมมลพิษ ยันสารเคมีขจัดคราบน้ำมัน ไม่มีผลต่อพันธุกรรมสัตว์น้ำ

環境汚染管理局、石油オイル汚染の化学物質駆除に立ち向かう、水棲動物への遺伝的影響はなし

2013年8月2日10:15
Thai PBS Newsより

อธิบดีกรมควบคุมมลพิษ ยัน สารเคมีขจัดคราบน้ำมัน ไม่มีผลต่อการเปลี่ยนแปลงพันธุกรรมสัตว์น้ำ ยังไม่สรุปความเสียหาย ต้องใช้เวลาสำรวจนาน

環境汚染管理局長、石油オイル汚染の化学物質駆除に立ち向かう。水棲動物の遺伝を変える影響はなし。まだ、被害状況をまとめきれず。調査には時間をかけなければならない。

นายวิเชียร จึ่งรุ่งเรือง อธิบดีกรมควบคุมมลพิษ กล่าวว่า ขณะนี้ยังไม่ถือว่า พื้นที่อ่าวพร้าว เกาะเสม็ด จ.ระยอง เข้าสู่ภาวะปกติ เนื่องจาก ยังต้องมีการเก็บกู้คราบน้ำมันที่ลงเหลือให้เรียบร้อย แม้ว่าทางกายภาพจะเก็บกู้ไปแล้วกว่าร้อยละ 90 แต่การสำรวจผลกระทบ และสารตกค้างจะต้องเก็บตัวอย่างและสำรวจอย่างละเอียดอีกครั้ง เพื่อไปสู่การฟื้นฟูที่ถูกต้อง และตรงจุด ซึ่งไม่สามารถระบุได้ว่า จะต้องใช้เวลาอีกนานแค่ไหน เนื่องจาก ต้องสำรวจความเสียหายตั้งแต่จุดที่น้ำมันรั่ว จนถึงบริเวณโดยรอบที่คราบน้ำมันได้ลอยไปติดอยู่

ウィチアン・チュンルンルアン環境汚染管理局長が述べるに、現在のところ、ラヨーン県コサメット島のプラーオ湾地域は状況確認に入ったところである。まだ、流れついた石油オイル汚染をきれいに掃除しなければならない。化学物質の回収がすでに90%以上行われたが、まったく元通りに復旧するためには、残留物はすべて回収し、影響調査を詳細にしなければならない。したがって、どのくらい時間が要するかを述べることはできない。石油オイルが漏れた地点から浮いて流れ着いた汚染一帯の周辺まで、被害調査をしなければならない。

ทั้งนี้ สารเคมีที่บริษัท พีทีที โกลบอล เคมิคอล จำกัด (มหาชน) ใช้นั้น คือ “ซิลิคกอน” (Slickgone NS Type 2/3) ซึ่งเป็นสารที่อยู่ในรายชื่อสารของที่กรมควบคุมมลพิษ อนุญาตให้ใช้ได้ โดยยืนยันว่า สารดังกล่าว ไม่มีผลกระทบต่อการเปลี่ยนแปลงเชิงพันธุกรรมของสิ่งมีชีวิต อย่างไรก็ตาม กรณีที่บริษัทขอใช้สารซิลิตอนจำนวน 5,000 ลิตร ซึ่งไม่สอดคล้องกับปริมาณที่ใช้จริงกว่า 30,000 ลิตร ทำให้เกิดข้อสงสัยว่า ปริมาณน้ำมันที่รั่ว อาจมีมากกว่า 50,000 ลิตร ตามที่เคยระบุไว้ อธิบดีกรมควบคุมมลพิษ ชี้แจงว่า บริษัท พีทีทีฯ สามารถชี้แจงรายละเอียดของปริมาณการใช้สารเคมีได้ภายหลัง ขณะที่การฟ้องร้องค่าเสียหายนั้น เป็นหน้าที่ของกรมเจ้าท่า ที่มีบทบาท และหน้าที่โดยตรง

PTTグローバル・ケミカル社の化学物質はSlickgone NS Type 2/3を使用しており、環境汚染管理局の化学物質リストにもあるもので、使用許可されている。その化学物質は生物の遺伝を変化させる影響はないと言える。いずれにしても、PTTは、シリコーンを5,000リットル使わせてほしいと言って、実際30,000リットル以上使っていて、一致していない件については、かってPTTが話したことに沿えば、流出した石油は50,000リットル以上ではないかという疑惑が生じている。
環境汚染管理局長は、PTTは後ほど使用した化学物質の量を詳細に説明する義務がある、また、損害賠償金の告訴は、役割上から自分の局の仕事になる、と述べた。

この「タイ字新聞~」の記事を興味深く感じていただけたら、
アイコンにクリックをお願いいたします。
皆様からクリックとコメントが励みになります。
どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ
タイ・ブログランキング

スポンサーサイト

<< 爆笑、ネット族、群がってホルモンズを真似たピル避妊世代のクリップビデオを視聴 | ホーム | インラック首相がアエラの表紙に載ったものの見出しで感情を害したタイ人に日本語の先生が反論 >>


コメント

愛しきサメット島が。。。

こんにちは、

はじめまして放浪わらしべ長者と申します。

たいへん興味深い記事を日本語へ翻訳して頂き大変感謝します。

今後も引き続きサメット島関連の記事などの追加情報などがありましたらローカル記事を日本語でシェアして頂けると幸いです。

今後ともよろしく

>流出した石油は50,000リットル以上ではないかという疑惑が生じている。

これって、どうなんでしょうね。

個人的には疑わしさプンプンしますが。。v-403


いつも現地のタイムリーな情報シェアに感謝♪v-218尊敬!



応援ポチ

放浪わらしべ長者さま>

本サイトに訪問してくださり、感謝します。

ニュースクリップのサイトでも
「タイ湾の流出原油、サメット島東沖に」(http://www.newsclip.be/article/2013/08/01/18536.html)という記事で、5万リットルは流れただろうと言っていますね。それ以上かもしれないということですね。タイの場合、ガソリンにいろいろな化学物質を混ぜて割増しますから、すでに流れ出た石油には、そう言った化学物質が混ぜられていたと想像されます。そうした化学物質のほうが環境汚染に悪い影響を与えるんでしょうね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム