2013-02-27

アウンサンスーチーのために:在日20年のザルニがデザインを手がけた服で、ミャンマー文化を世界に発信する

130227nation.jpg

For Aung San Suu Kyi, Zarni's clothing makes a statement
The Nation February 27, 2013 1:00 am

アウンサンスーチーのために:ザルニがデザインを手がけた服で、ミャンマーのメッセージを出す

2013年2月27日
The Nationより

Unlike some prominent female world figures, Myanmar's Aung San Suu Kyi isn't considered a fashion plate. Her characteristic traditional Burmese attire draws admiration, but it seems to change little, suggesting that she must devote little time to her wardrobe.
Someone does, though, and a compatriot at that.

世界的に有名な女性リーダと異なり、ミャンマーのアウンサンスーチーは、最新の流行を気にかけないと思われている。彼女の特徴的な伝統的なミャンマー衣装が賞賛を呼んでいるのだ。しかし、様子は少し変化しているようだ。衣装にも少し時間を当てなければならないと助言がどこからか入る。誰かがしなければならない、しかも、それをするのはミャンマー人だ。

Zarni Htoo Htoo - a former political refugee now based in Japan who uses just "Zarni" in his career as a model and clothing designer - is the closest thing Suu Kyi has to a personal stylist.

ザルニ・フトー・フトー、元政治難民で日本をベースにし、「ザルニ」という名前を使っている。キャリアはモデルであり、デザイナーだ。彼が、アウンサンスーチーの個人的スタイリストとして一番近くにいる存在だ。

But "The Lady" is not his client, the 28-year-old Zarni told The Nation during a visit to Bangkok last week. He just makes clothes for her as an expression of his admiration and respect.

しかし、スーチーは彼のクライエントではない。28歳のザルニは、先週、バンコクを訪れた際に、The Nation紙に次のように述べた。彼はただ、敬意と尊敬を表して、彼女のために服を作るのだと。

"My uncle knew someone in the NLD," Zarni said, referring to Suu Kyi's National League for Democracy, "and he got me a chance to design clothes for Suu Kyi. I didn't even get to measure her. I just made the clothes and sent them to her!"

「私のおじはミャンマーの国民民主連盟のある人と知り合いでした。」 スーチーの党についてザルニは、そのように述べた。 「そして、その人がスーチーさんのために服をデザインする機会を与えてくださったのです。私は、寸法を計ることもなく、ただ、服を作り、何着かを彼女に送ったのです。」

Among the Zarni creations she's worn on celebrated occasions was the purple outfit that turned heads at the Noble Peace Prize ceremony in Oslo a year ago.
He's now completing a kimono for her to wear on a visit to Japan in April, putting some Burmese soul into it with a floral motif mingling roses with cherry blossoms. The Japanese media have been watching the process at Zarni's boutique on Tokyo's bustling Shibuya Road, with NHK broadcasting a documentary.

ザルニのデザイン衣装の中で、スーチーが祝賀の機会に着たのは、紫の衣装で、1年前のオスロでのノーベル賞授与式で注目を浴びた。
現在、彼は、この4月に日本を訪れる際にスーチーが着る着物を仕上げている。着物には、ビルマの心がバラと桜の混ざった花のモチーフと共に込められている。日本のメディアは、東京の混雑した渋谷の道路に面したザルニのブティックでの制作過程を、それはNHK放送がドキュメントとして放映したが、ずっとウォッチングしている。

The work has given Zarni the chance to refresh his knowledge of Burmese textiles, and Myanmar's reforms have allowed him back into the country after two decades "in exile". By now fluent in Japanese as well as thoroughly modern in every way, he nevertheless well remembers his childhood and the simple beauty of Burmese culture.

この仕事は、ザルニに、ミャンマーの布に関する知識を刷新させ、ミャンマー風の服のリフォーム作業は、20年の亡命の後に、彼の心を故国に戻した。日本語が流暢で、すべての面で現代風に洗練されている今でも、彼はよく子供の頃のビルマ文化の素朴な美しさを思い出すという。

"For Suu Kyi's traditional costumes I handpicked Mandalay silk. Mandalay is our old capital and its culture is very rich," he said.
Zarni's grandmother taught him how important it was for a Burmese woman to wear a flower in her hair. "It shows that you have beautiful fresh flowers in your garden - an artificial flower is just not acceptable. A woman always has a flower in her hair for parties or important meetings."

「スーチーさんの伝統的衣装のために、私はマンダレイ・シルクを厳選しました。マンダレイは私達の古い都で、その文化は非常にゆたかなのです。」と彼は述べる。
ザルニの祖母は、ビルマの女性にとって、髪に花を飾ることがどれほど大切なことなのかを彼に教えたという。「それは、その女性の家の庭に美しい新鮮な花が咲いていることを表しているんです。だから人工の花じゃあ、ダメなんです。女性はいつもパーティーや大事な集まりに髪に花をさして行くのです。」

His admiration for Suu Kyi extends to her decision to "promote" traditional clothing, including ethnic attire, on the global stage. "When she wears something, she doesn't just wear it for herself, but also to hold out hope for the Burmese people and refugees," Zarni said.
Suu Kyi's blouses (anyi), colourful sarongs (longyi), the flowers in her hair and her simple sandals, represent the best features of Burmese culture to preserve as Myanmar opens up to the world, he said. "Western culture will arrive with development, but I hope the Burmese national costume stays the same."

スーチーのミャンマーのエスニック衣装や伝統的衣装を世界的ステージの場で振興させようとする意気込みを、彼は賞賛している。「彼女が何かをまとうとき、それは自分のためだけでなく、ビルマの人々や難民の希望を抱かせることになるのです。」とザルニは述べる。
スーチーのブラウス(アンイ)、色彩豊かなサロン(ロンジー)、彼女の髪にさした花、そして素朴なサンダルが、世界に国を開きながらも、持ち続けているビルマ文化の最大の特徴を表現している。「西洋文化は発展していくでしょう。でも、ビルマの国民的衣装も同じように、そこにずっとあることを願うのです。」と彼は述べる。

この「タイ字新聞~」の記事を興味深く感じていただけたら、
アイコンにクリックをお願いいたします。
皆様からクリックとコメントが励みになります。
どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kodek

Author:Kodek
タイの社会・文化をタイ字新聞やタイ語の記事を通して理解しおうとするブログです。日本語で伝えるタイの情報にはどうしてもバイアスがかかってしまう。タイの新聞にはタイの新聞の「味」があります。おもしろおかしく紹介する風潮とは一線を画してタイ語の記事のおもしろさを伝えられればと思っています。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ブロとも一覧
フリーエリア