プロフィール

Kodek

Author:Kodek
タイの社会・文化をタイ字新聞やタイ語の記事を通して理解しおうとするブログです。日本語で伝えるタイの情報にはどうしてもバイアスがかかってしまう。タイの新聞にはタイの新聞の「味」があります。おもしろおかしく紹介する風潮とは一線を画してタイ語の記事のおもしろさを伝えられればと思っています。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

ドイツ側から見たタイ皇太子のボーイング機差押訴訟の内幕--Der Spiegel 誌の記事より

110807Spiegel.jpg

ドイツ側から見たタイ皇太子のボーイング機差押訴訟の内幕-Der Spiegel 誌の記事より

Der Spiegel : Anonymous source tipped off Walter Bau
By Bangkok Pundit Aug 04, 2011 8:30AM UTC

Walter Bauへの匿名の内報
2011年8月4日 Bankok Punditより


Influential German news magazine Der Spiegel has some fascinating details about the seizure of the plane used by the Crown Prince in Munich. Key excerpts:

大手のDer Spiegel 誌がミュンヘンでのタイ皇太子が使用するジェット機の差押について非常に興味深い詳細を伝えている。

Walter Bau filed for insolvency in 2005. When Schneider went through its books, he found a contract with the Thai government. The firm had acquired a stake in a Thai company building a toll road between Bangkok’s old airport and the city center. But the project was a commercial failure because the Thai government had, in breach of its contractual obligations, built a second, toll-free road, which meant that fewer people than expected used the toll road.

Walter Bau社は2005年、破産申請をした。シュネイダーが破産申請のファイルを閲覧し、タイ政府との契約を発見した。バンコクの旧空港と市街地の間の高速道路を建設するため、Walter Bau社はタイの会社の株を取得していた。しかし、プロジェクトは商業的には失敗であった。なぜなら、タイ政府は契約義務を遂行せず、同じところに料金を徴収しない道路を建設したからだ。つまり、当初、期待したよりも高速道路は利用されなかったのである。

Schneider calculated that the company had lost €100 million as a result of the deal. An international arbitration court ruled in 2009 that Thailand should pay Walter Bau €30 million. But the government hasn’t paid up.

Walter Bau社は、その結果、1億ユーロの損害を受けたとシュナイダーは結論づけた。2009年、国際仲裁裁判所は、タイからWalter Bau社に3千ユーロを支払うべきだと裁定した。しかし、タイ政府は全額を支払わなかった。

Schneider flew to Bangkok a number of times over the last two years to try to get the money. He met officials in dark suits and officers in gold-braided uniforms who were always friendly, but non-committal. He sent more than a dozen reminder letters. By early 2011, Schneider had had enough. He did what any insolvency administrator does when a debtor won’t pay up ―he prepared a seizure of assets and began to scrutinize Thailand’s valuable fleet of state-owned passenger jets.

シュナイダーは、その金額を催促するために、過去2年間、何度もバンコクに飛んだ。ダークスーツの担当者と金モールのユニフォームを着た幹部と会うと、いつもフレンドリーだったが、結局は支払ってくれなかった。12通もの督促状を送ったりもした。2011年に入り、シュナイダーは、もうこんなことはたくさんだと感じ、債務者が支払わない場合に破産管理人がすべきことを行った。資産の差押を準備するため、タイ国所有の旅客ジェット機の調査に着手したのである。

In early May, an anonymous source in Bangkok sent him a fax containing the flight plan for a VIP jet complete with registration, flight number and name of the pilot. The aircraft was due to arrive in Munich on May 21 from Bangkok and be stationed there until August 8.

5月の初め、バンコクから匿名でファックスが届き、そこにVIPジェット機のフライトプランがフライト機のナンバーとパイロット名と共に記載されていた。
バンコクからのジェット機は3月21日にミュンヘンに着き、8月8日まで駐留することになっていた。

Schneider had hired a student to sit on a hill near the airport and make a note of the prince’s flight movements. The future monarch adhered precisely to the flight plan that Schneider had received from his Bangkok source.
All Schneider needed now was a court order.

シュナイダーは学生を雇い、空港の近くの丘からタイの皇太子のジェット機の動向を探らせた。未来の国王は、シュナイダーがバンコクからの情報で得たフライトプラン通り一寸も違わず行動した。
シュナイダーの必要なものは、後は裁判所の命令だけであった。

The first attempt failed. The Munich senior district court decided that it had no jurisdiction in the case. The prince, the court said, wore a uniform and was immune from prosecution. Schneider then took the case to a court in Berlin, and was successful.


最初の目論見は失敗した。ミュンヘン高等裁判所は、この件は、管轄ではないと退けた。裁判所は、皇太子は公式訪問のユニフォームを着ており、訴訟から免除されていると述べた。そこで、シュナイダーはベルリンの裁判に持ち込んだ。それが首尾よくいったのである。

But the German government may end up having to get involved, and may even have to pay compensation itself to Walter Bau. A recent report by an expert in insolvency law, Professor Christoph Paulus of Berlin’s Humboldt University, concluded that the German government should be doing everything in its power to make Thailand pay its debt to the insolvent construction firm. That includes “curtailing trade relations” or the “freezing of foreign assets.”
If the government takes no action, “a compensation claim is feasible,” wrote Professor Paulus.


しかし、ドイツ政府は関わり合いになるのをやめ、Walter Bau社に弁償金をも支払うかもしれない。破産法の専門家であるベルリン・フンボルト大学の Christoph Paulus 教授は、最近のレポートで、ドイツ政府は、あらゆる手段を使っても、タイ政府に破産した建設会社の負債を支払わせるようすべきだと述べている。つまり、「貿易を縮小する」あるいは「海外資産を凍結する」などの手段も実行すべきだと言っている。
もし、ドイツ政府がそのような手段を取れない場合、ドイツ政府に「損害賠償の請求を行うのが理にかなった方法である」とPaulus 教授は書いているのだ。

Kodek注:
Asinan correspondent.comで内幕についてDer Spiegel 紙から引用して語られていました。ドイツ側から語られたボーイング機差押訴訟の内幕です。英語ですが翻訳してみました。

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しました。クリックしていただくと励みになります
スポンサーサイト

<< ドイツ、王室のジェット機を返還、タイ政府3千800万ユーロの保証金を積む | ホーム | タイの皇太子、ボーイング737の押収に関して声明を出す-英語タイ語併記の文を日本語に >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム