プロフィール

Kodek

Author:Kodek
タイの社会・文化をタイ字新聞やタイ語の記事を通して理解しおうとするブログです。日本語で伝えるタイの情報にはどうしてもバイアスがかかってしまう。タイの新聞にはタイの新聞の「味」があります。おもしろおかしく紹介する風潮とは一線を画してタイ語の記事のおもしろさを伝えられればと思っています。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

詳細:ブーンラート、衝突の最中に集会を中止、2万人の警察隊、サイアム・ピタックのデモ隊の人数を超える

121125BK01.jpg

121125BK000.jpg

Boonlert calls it quits amid clashes
20,000 POLICE, TROOPS OUTNUMBER PITAK SIAM PROTESTERS
Published: 25/11/2012 at 12:00 AM

ブーンラート、衝突の最中に集会を中止、2万人の警察隊、サイアム・ピタックのデモ隊の人数を超える

2012年11月25日 12:00 
バンコクポストより

Gen Boonlert also stood down as the group's leader.
"Seh Ai has already died," he said, referring to himself and suggesting that he would not take part in any further political gatherings.


ブーンラート将軍、グループリーダーからも引退する。
「セイ・アイはすでに死んだ」と彼は自分に言及し、今後、いかなる政治的集会にも参加しないことを述べた。

"I had better go to a krathin [Buddhist monk robe presentation] ceremony," he said after calling off the rally around 5pm yesterday. He said he would no longer lead Pitak Siam.

「自分はロイクラトゥン(仏教僧への僧衣の献上式)式に行った方がましだ。」と彼は、昨日夕方5時に集会を中止し、もはやピタック・サヤームを統率しないと述べた。

He said he called off the rally because police had used every means at their disposal to prevent people from reaching the Royal Plaza, where the demonstration was being held. "If the rally continues, there is a risk that demonstrators will lose their lives," he said.

警察があらゆる手段を講じて、デモ隊が集会を開催するロイヤルプラザへ到着するのを防ぐよう警備配置した故に、ブンラートは集会を中止したと述べた。「もし、集会を継続したら、デモ隊に死者が出る危険があった。」と彼は述べた。

Gen Boonlert earlier called on 1 million people to turn out to protest against the government, which he accuses of incompetence and corruption. According to Special Branch Police, only around 12,000 made their way to the Royal Plaza yesterday, while about 5,000 more were involved in confrontations with riot police at barriers surrounding the rally site.
About 20,000 police and soldiers were deployed across the capital.


ブーンラート将軍は、先に、無能で汚職にまみれた政府に抗議するよう100万人集会を呼び掛けた。警察特別局によれば、約12,000人が昨日、王宮前広場に進んだ。また、5,000人が集会場周辺の機動隊のバリケードの衝突に巻き込まれた。
一方、約2万人の警察隊が首都に配置された。

Pitak Siam group leaders accused the government of trying to block protesters from outside Bangkok from joining the rally by setting up an excessive number of checkpoints for cars entering the city.

バンコック市内に入る車の検問所を非常に多く設置することにより、集会に参加しようとバンコクの郊外から来るデモ参加者を阻止しようとした政府を、ピタック・サヤームのリーダーは、非難した。

Demonstrators clashed twice with police who were securing barrier lines around the rally site. Police twice deployed tear gas, resulting in a number of injuries.
Police lobbed tear gas canisters to disperse crowds at Makkhawan Bridge just before 9am, and once again at Mitsakawan intersection around 2pm.


デモ隊は、集会現場周辺にバリケードを設置した警察隊と2度、衝突した。警察は、2度、催涙弾ガスを発射し、多くの者が怪我を負った。警察は、ちょうど午前9時前に催涙弾ガスをマッカワン橋の群衆を解散させるために行使し、さらに午後2時にミサカワン交差点で発射した。

The clashes kicked off when demonstrators demanded police open barricades at two points on Ratchadamnoen Nok Avenue to let them join the rally at the Royal Plaza.
Police were only allowing the protesters to enter the rally site through Wat Benchamabophit and the 1st Division intersection, where checkpoints had been set up.


両者の衝突は、デモ隊が王宮前広場の集会に参加するために、警察隊にラーチャダムノーン北通りの2か所地点のバリケードを開けるように要求して始まった。
警察は、デモ隊にチェックポイントが敷かれているベンチャマボピット寺とファースト・デヴィジョン交差点を通って集会に行くことのみを許可した。

At least 61 people, including several riot police officers, one soldier and two members of the press, were injured in the clashes, the Public Heath Ministry said. Most of the injuries resulted from exposure to tear gas, while some had cuts and bruises, Dr Narong Sahamethapat, permanent secretary for public health, said.

数人の機動隊(1人の機動隊員と2人のプレス関係者)を含む、少なくとも61人が衝突の際に怪我を負ったと厚生省は述べた。
多くの怪我は催涙ガスによる結果であるが、ある者は切り傷と打撲を負ったと、厚生省事務次官ナロン・サハメタパットは述べた。

Police detained 137 protesters and took them to a border patrol police unit in Pathum Thani for questioning.
The two injured media crew _ Surin Sapphakhun of Khao Sod newspaper and Pattanasak Woradech of Thai TBS television channel _ were initially detained by police along with the other protesters, but were later released.
Police said they mistakenly thought the pair were protesters.


警察は137人を勾留し、尋問のためにパトンタニの国境警備警察に身柄を送検した。
2人の怪我を負ったプレス関係者は、カオソット新聞のスリン・サッパクン氏とタイTBSテレビのパタナサック・ウォラデット氏で、初め、他のデモ隊メンバーと一緒に警察に拘留されたが、後に釈放された。
警察が述べるに、両名はデモ隊の一員と間違えられたようである。

National police chief Adul Saengsingkaew blamed protesters for starting the clashes, saying they threw objects at police and tried to break down barriers.
He insisted the use of tear gas was justified.
Pol Maj Gen Adul said the model of tear gas used by police was the US-made 555 CS type, not the Chinese-made GT6-ARA1CS type that was also found at the scene of the clashes. The GT6 product had already expired.


国家警察司令官アドゥル・セーンシンケーオ氏は、衝突を起こしたデモ隊を、警察隊に物を投げつけ、バリケードを突破しようとしたと非難し、催涙弾ガスの使用の正当性を主張した。
アドゥル警察大将は、警察が使用した催涙弾ガスのモデルは、米国製の555 CSであり、中国製のGT6-ARA1CSでないことを明らかにした。中国製のGT6はすでに製造されていないが、衝突現場で発見されている。

Pitak Siam spokesman AVM Vachara Riddhagni maintained the protest was peaceful, and said the government had deliberately tried to derail it out of fear.
The Thai Journalists Association and the Thai Broadcast Journalist Association said the police had overreacted in using force to detain media personnel.
The officers' actions were a threat to press freedom and to media professionals who were responsible for reporting the truth to the rest of society, it said.


ピタック・サヤームのスポークスマン、AVM ヴァチャラ・リダクニ氏は、デモは平穏に行われたと主張した。政府自身が、恐怖からデモを平穏なものから脱線させようとしたと述べた。
タイジャーナリスト協会とタイ放送ジャーナリスト協会は、警察はメディアを過剰に力を行使して拘束したと述べた。
警察当局の行動は、報道の自由と社会に真実を伝える責任のあるメディア・スタッフを脅かしたと述べた。

Former Thammasat University rector Surapol Nitikraipoj said the end of the Pitak Siam protest did not mean the defeat of the movement. It was likely to revive itself when the time was right.
The alleged police over-reaction is expected to be used as ammunition in the censure debate against the government which begins today.
Mr Surapol agreed with Gen Boonlert's decision to call off the rally to protect protesters' lives, and believed the movement would continue under a new leader.
Somchai Srisuthiyakorn, a political science lecturer with Sripatum University, said calling off the rally was the best decision under the circumstances. However, the decision might disappoint some protesters, which will make future gatherings more difficult.


タマサート大学名誉教授スラポン・ニティクラポット氏は、ピタック・サヤムの抗議の中止は運動の敗北を意味しないと述べた。時が来れば、復活するだろう。
いわゆる警察の過剰警備は、今日始まった政府に対する問責議論の武器として使われると期待する。
スラポン氏は、抗議デモのメンバーの生命を守るために集会を中止したブーンラート将軍の決断に同意する。運動は新しいリーダーの下で続くであろう。

スリパタム大学の政治科学講師のソムチャイ・スリステヤコーン氏は集会の中止は、あの状況下の最上の決断だと述べる。しかし、その決断は、抗議デモの一部を失望させた。将来の集会はより困難になるだろうと述べた。

この「タイ字新聞~」の記事を興味深く感じていただけたら、
アイコンにクリックをお願いいたします。
皆様からクリックとコメントが励みになります。
どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

121125BK02.jpg

121125BK003.jpg

スポンサーサイト

<< 国王陛下、犬のトーンデーンを先導に病院から王宮へ戻られる | ホーム | ピタック・サヤーム議長ブンラート・ケーオプラシット、集会の終了を宣言 >>


コメント

ここ最近タイニュースから遠ざかっていたんですが、
またキナ臭い事がおこってるんですね。
正直、赤でも黄色でもどちらでも良いんですが、
死者などがでない事を祈るばかりです。

海外暮らし>

集会やデモをする自由にタイ人がめざめたんでしょうね。まわりを見渡してみるとインドネシアでもインドでも中国でもやっていますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム