プロフィール

Kodek

Author:Kodek
タイの社会・文化をタイ字新聞やタイ語の記事を通して理解しおうとするブログです。日本語で伝えるタイの情報にはどうしてもバイアスがかかってしまう。タイの新聞にはタイの新聞の「味」があります。おもしろおかしく紹介する風潮とは一線を画してタイ語の記事のおもしろさを伝えられればと思っています。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

公約したタイ政府の政策:崩壊の危機にあるタイの米

121014thai rice

Kodek注:タイの米政策が瀕死の状態にあるということを聞いていますが、米の世界市場の観点から警告を発しているThe Nation紙の記事に注目しました。英語ですが訳してみたいと思います。

Pledging scheme: Thai rice on brink of the abyss

公約した政策:崩壊の危機にあるタイの米


Pornpimol Kanchanalak
Special for The Nation October 11, 2012 1:00 am


ポーピモン・カンチャナラック
2012年10月11日 1:00am
ネーション紙スペシャル記事より

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

Strange but true, people from all political hues in Thailand can now agree on one thing - that the government's current rice pledging policy is one giant rotten tomato. Regardless of their political stance, ideology or economic and industrial position, logic and facts put them beyond any doubt that the policy is the "white elephant in our living room".

タイの様々な政治的立場の異なる人々が1つのことに同意している。不思議なことだが、本当である。タイ政府の公約した米流通政策は巨大な腐敗トマトのように腐敗の温床になっていることにである。政治の立場、信条、経済的、産業的地位がいかに異なろうとも、明かされたロジックと事実によれば、政府のコメ政策は「我々の生活を破産に追い込むホワイト・エレファント(金食い虫)」になることに疑いないと告げている。

Politically, the rationale behind the policy is understandable, albeit not substantive. If 40 per cent of the Thai population works in the agricultural sector, a policy that pushes prices for their crops higher should help them economically, and that translates into more votes for the sitting government. This reasoning is itself faulty on two counts: first, out of 3.7 million households in the agricultural sector, only 1.1 million are involved in rice farming. plus the difference in the sizes of their farms is wide. Second, the unrealistically high price set by the government will eventually inflict more pain and harm upon the rice farmers than any transient good they may be getting at present - if they are genuinely getting the intended benefits.

まず、政治的に政府の政策の根拠が理解できないし、現実的でもない。なるほど、タイ全人口の40%が農業に従事していれば、その生産物の価格を上昇させる政策は経済的に彼らを助けるし、現政権に票が集まるに違いない。しかし、このロジックは2つの点で欠陥がある。まず、第一に、農業の370万世帯のうち、110万世帯のみが米作に関わっていること、また、その農業の規模の違いが大きいことである。第二に、政府による現実的でない米の高価格の設定は、米作農家に、現在一時的な利益を得ていたとしても、結局は、より苦痛と被害をもたらすことになる。

A more onerous question that no supporters of the programme want to address is why some rice farmers are poor in the first place. It is a cop-out to simply point the finger at the "usual" suspects, namely the middlemen, the millers, or the traders, who are always accused of stomping mercilessly upon the less savvy, defenceless prey. These people may be part of the problem, but they are not the cause of many rice farmers' abject poverty. Years of misguided government policies laced with addictive "quick fixes" fed to rice farmers have put them where they are today. Why hasn't a well thought-out land redistribution policy been implemented? Why hasn't there been a continuous training programme on sustainable farming and best practices that will lift farmers out of poverty in a lasting manner? Why haven't enough people dug up the corrupt tradition of government officials that allows so many cases of exploitation of the farmers to continue? Why haven't we asked ourselves why, after years and years of forgiveness of farmers' debts, they continue to sink deeper into debt?

もうひとつのやっかりな疑問は、このプログラムの推進者は、なぜ、貧しい米作農家を、まっさきに救おうとしないのかということである。単に「常套的に出てくる」疑惑、すなわち、無知で弱い犠牲者に対し容赦ない仲買人、製粉業者、商人を糾弾することにより、責任逃れをしている。これらの人々は、問題の一部かもしれないが、多くの米作農家の悲惨な貧しさの原因ではない。長年にわたる政府の米作農家に対する常習的な 「一時的緊急手当て」を加味する政策のミスが、彼らを今日に姿にしているのだ。

なぜ、土地の徹底的な分配政策が行われないのだろうか。なぜ、長期的な観点からの貧困農家を引き上げる持続的に経営可能な農業と最良の実践に関する継続的なトレーニングプログラムが行われないのであろうか。なぜ、多くの人々は、農家を搾取続ける政府官僚の汚職の伝統を摘発しないのであろうか。なぜ、我々は、農家の借金に何年も寛容の後、彼らの借金の深い谷間に落とし続けるのであろうと自問しないのであろうか。

Populist policies cannot hurt politicians. For the Pheu Thai Party, the rice pledging policy could mean a clean sweep in the Central Plains, which represent the weakest link for a party that already has control of the North and Northeast. Political domination of the Central region is the ideal end result, upon which billions of baht of taxpayers' money is being lavished, putting the country's economy at risk in a time of global economic turmoil.

大衆迎合政策は政治家を傷つけない。プアタイ党にとって、公約した米政策は、中央平原での選挙の完勝を意味した。そこは、北部、北東部をすでに掌握していたものの党のリンクの弱点であった。中央部の政治的優位は理想的な成果となり、何百万バーツの納税者のお金が消費され、グローバル経済の混乱期に経済的リスクを我が国に持ち込んだ。

Such spending will reach Bt1 trillion if the policy continues until next year. More grave still is the imminent collapse of the market mechanism in the rice industry as the result of the pledging policy.


そのような支出は、もし、この政策が来年まで継続すれば、1兆バーツにも達する。さらに深刻なことは、公約政策の結果、米産業の市場メカニズムの巨大な崩壊を導くことだ。

Economics 101 teaches us that in a free-market economy, the market mechanism produces the best distribution of goods and services. The forces of supply and demand determine the price of the goods and the quantity exchange in any given market. The market mechanism functions as the "invisible hand" that brings about economic efficiency, the lack of which is called "market failure".

経済学は以下のように教える。すなわち、自由市場においては、市場メカニズムが商品とサービスの最適な分配を導くと。需要と供給により、市場での商品の価格と交換量が決まる。市場メカニズムは「見えざる手」として機能し、経済的効率性と「市場の破綻」と呼ばれる崩壊をもたらす。

There is also a group of "public hand" economists which argues that government intervention in the market mechanism is justified as a rent seeker, ie, one who uses his resources to transfer income from one sector to another. They argue the government may be brought into the market system whenever someone or some group can benefit, even if efficiency is not served. However, they also acknowledge that focus must be put on how the government's investment moves and if it's based upon self-interested politicians or voters.

また、公共経済学のグループは、政府の市場メカニズムへの関与が、リソースを使って、あるセクターからの収入を別のセクターに移動するにレント・シーキング行為として正当化されると議論する。このグループは、政府が、効率を犠牲にしても、ある者かグループに利益をもたらす市場システムにすることを主張する。しかし、彼らはまた、政府の投資移動だけが焦点となり、それが政治家や投票者の自己利益に基づくことであることも認識している。

On the subject of Thailand's rice policy, many will agree that raising the price of rice is a good thing as long as it is not so high that Thailand prices itself out of the market completely. Unfortunately, that is increasingly the case.

タイの米政策の課題において、多くのものが、米の価格の上昇はタイの価格それ自身が市場から完全に逸脱しない限り、よいことであると認めている。残念ながら、これは次第にその危惧するケースとなっているのである。

The price of rice set forth by the Thai government is about 40-50 per cent above the world price. In a direct correlation, in the last 12 months, Thai rice exports were down 45 per cent. Do some fact-checking and you find that during the same period, no government-to-government shipping of rice has ever come to pass. Not to Indonesia, nor the Philippines, nor Bangladesh. As for China and the Ivory Coast, there was about 200,000 tonnes or less shipped by private companies to the two destinations. Whether these shipments were part of government-to-government transactions is hard to tell, but the quantity falls far short of those announced by the Thai government.

米の価格は、タイ政府により、強制的に世界の価格より40-50%高く設定されている。その直接要因で、過去12ヶ月、タイ米の輸出は45%ダウンした。事実をチェックしてみれば、この期間、政府対政府の米の出荷は、インドネシア、フィリピン、バングラデシュとも行われていない。中国とアイボリー・コースに限り、20万トンが私企業から2カ国に出荷されている。この出荷は政府対政府の経済活動とは言いにくいが、それを入れても、その量はタイ政府が発表したものにはるかに少なくなっている。

Thailand produces over 34 million tonnes of rice per year and in 2010 exported over 7 million tonnes. In 2011, the volume of export went down to 3.9 million tonnes and the unsold rice is sitting in silos across the country. Assuming (if such insanity is permitted to prevail) that in the second and third year, the government can still find space to hold the unsold rice, and that the government budget deficit grows unchecked, the question that will loom larger is what will happen to the Thai market mechanism and the rice industry? What will happen to the rice-farming households? Will they - can they - keep producing rice that fewer and fewer people in the world want to buy?


タイは、年間3,400万トン、米を生産しており、2010年に700万トン以上、輸出している。2011年には輸出量が390万トンに落ちており、売れない米は国中の倉庫に貯蔵されている。そのような馬鹿げたことが許されているとすれば、2年目、3年目になっても、政府は売れない米を貯蔵するスペースを見つけるものと思われる。政府の予算赤字はチェックされないまま膨れ上がり、次の問題が大きく立ち表れる。すなわち、タイの市場メカニズムと米産業はどうなるのであろうか。米作農家はどうなるのであろうか。農家は買い手が年々少なくなっている米を生産しつづけるのであろうか。

The government may be hoping to position Thailand as head of the rice cartel by withholding supplies and pushing the world rice price higher. But can't it see that even the oil cartel does not work for Saudi Arabia if it charges twice as much as others for its sweet crude? Can't they realise that at the end of the day, the government will face a triple crisis - in cash flow, storage, and the collapse of the Thai rice market mechanism and the rice private sector that has made Thai rice a hot commodity in the world.

政府は、米の供給を差し控え世界の米の価格をより高くすることによる、米カルテルの筆頭として、タイがそのポジションに就くことを希望しているらしい。しかし、スウート・オイルのために他より2倍の価格にしようとしても、オイルカルテルはサウディアラビアのために機能しないのを見ているではないか。畢竟、政府は3重の危機、すなわちキャッシュフロー、貯蔵、タイ米市場のメカニズムとタイ米を世界に必需品にしたプライベートセクターの崩壊に直面していることを、認識しないのであろうか。

Thailand could only redeem itself for its policy if a total calamity in the major rice-producing countries such as Vietnam and India wiped out at least 20 million tonnes of rice from the world market. But given the current world surplus, that chance is slim.

もし、主要な米の生産国、たとえばベトナム、インドのような国がすべて災害に遭って、世界市場から少なくともとも2千万トン壊滅したとしても、その政策のため、タイだけで埋め合わせができるかもしれない。しかし、現在の世界は供給がタブ付いており、その機会はほとんどない。

A rich country like the United States may pay its farmers not to grow rice to sustain the price, and tomorrow may never die for James Bond. But poor Thai farmers won't know what to do or who they can turn to when the sky falls, as their government's policy has completely destroyed the very mechanism that has successfully sold their crops all these years.


米国のような豊かな国は、価格を支えるために米を生産しないように農民に補助金を支払えるかもしれない。明日はジェームスボンドのために死なないだろう。しかし、貧しいタイ農民は何をすべきが知らず、また、世界が崩壊するときに誰を頼りにしたらよいか知らない。政府の政策は、ここずっと成功裏に穀物を売ってきたメカニズムを完全に破壊したのだ。

この「タイ字新聞~」の記事を興味深く感じていただけたら、
アイコンにクリックをお願いいたします。
皆様からクリックとコメントが励みになります。
どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ
スポンサーサイト

<< 世論調査示す、排水路に砂袋を置いたままの首都圏庁の処置は知事と民主党に手痛い失点 | ホーム | 世論調査で過半数のタイ人が政府のオンライン・宝くじ販売を支持していることが判明 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム