プロフィール

Kodek

Author:Kodek
タイの社会・文化をタイ字新聞やタイ語の記事を通して理解しおうとするブログです。日本語で伝えるタイの情報にはどうしてもバイアスがかかってしまう。タイの新聞にはタイの新聞の「味」があります。おもしろおかしく紹介する風潮とは一線を画してタイ語の記事のおもしろさを伝えられればと思っています。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

裁判所、やっと「シビックの女」に2年の禁固刑の判決を下す、25歳まで運転を禁じる

120831Mthainews.jpg

Kodek注:世間を騒がせた「シビックの女」にやっと判決が出たようです。
参考記事
・スクープ!シビックの女、起こした事件で過失を認めず、しかし、1億2000万バーツの訴訟を恐れる
・裁判所、シビックの女がバンに衝突して9人の死者を出した案件の判決を延期する


ศาลตัดสิน จำคุกสาวซีวิค 2 ปี ห้ามขับรถจนอายุ 25 ปี

裁判所、「シビックの女」に2年の禁固刑を下し、25歳まで運転を禁じる

Mthai Newsより

MThai News : จากกรณีเมื่อกลางดึก วันที่ 27 ธ.ค.53 น.ส.แพรวพราว (นามสมมุติ) ซึ่งเป็นเยาวชนอายุ 17 ปี ได้ขับรถยนต์ฮอนด้าซีวิค ขึ้นบนทางยกระดับโทลล์เวย์ ขาเข้ามุ่งหน้า ถ.ดินแดง ได้พุ่งชนรถตู้โดยสาร ม.ธรรมศาสตร์ ศูนย์รังสิต – อนุสาวรีย์ชัยสมรภูมิ จนเป็นเหตุให้มีผู้เสียชีวิตถึง 9 ศพ

MThai News:
2010年12月27日深夜、プレープラオ女史(仮名)、当時17歳が、ホンダシビックを運転し、高速道路高架線に上り本線に合流し、ディンデン通りに向かおうとし、タマサート大学・ランシット校-勝利記念塔を運行するバンに衝突し、9人の死者をだすこととなった。

ล่าสุด เมื่อเวลา 09.00 น. ศาลเยาวชนและครอบครัวได้พิพากษา โดยเห็นว่าจำเลยมีความผิดจริงฐานขับรถโดยประมาทจนทำให้มีผู้เสียชีวิต จึงสั่งจำคุก 3 ปี แต่ให้การเป็นประโยชน์ลดโทษ1 ใน3 เหลือจำคุก 2 ปี แต่ให้รอลงอาญาไว้ก่อน 3 ปี และคุมประพฤติห้ามขับรถยนต์จนถึงอายุ 25 ปีบริบูรณ์ ส่วนข้อหาใช้โทรศัพท์ขณะขับรถศาลยกคำร้อง

最新ニュースによれば、朝9時に、青少年家庭裁判所は、この案件に判決を下した。被告は実際に運転上の過失を犯し、注意を怠り死者を出すこととなったと判断する。そこで、3年の刑に処す。しかし、3年のうち1年減刑し、2年とする。また、3年の執行猶予とする。行動を慎み、満25歳になるまで、車の運転を禁ずる。なお、運転中に携帯電話を使った案件については、裁判所は訴状を取り下げた。

この「タイ字新聞~」の記事を興味深く感じていただけたら、アイコンにクリックをお願いいたします。
皆様からクリックとコメントが励みになります。
どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ




スポンサーサイト

<< 残念ですが2週間ぐらい更新できません | ホーム | バンコクで3時間の交通渋滞で住民が悲鳴!洪水を想定した8,000人の救助模擬訓練が原因 >>


コメント

9人の死者を出した事件にしては
判決が甘い気がしますね。
運転は一生禁止にしても良いかな、と思います。

やはり、この事件の裏に、ずっと国を支えてきたが故に、自ら裁かれることはタブーであった王族・軍人・裁判所の勢力と資本主義のシステムの中で自らの能力によって力を伸ばしてきた知識人、資本家の新興勢力の緊張関係を見ざる得ません。「シビックの女」は王族の遠い親戚だと言われていますし、主に被害にあったのはタマサート大学の学生・関係者です。
今までの旧来の勢力が失態や事故を起こたときに使われていた甘い基準が、今回も適応されるのか、振興勢力が審議の透明性と同一基準をどこまで要求できるかが、みんなが注目していたことでした。もちろん、ニュース記事はまだ、正面切ってあらためて説明しませんが、タイ人の誰でもが知っている常識の範囲だからだと思われます。(ですからマスコミは説明せずにニュース記事として執拗に何回もとりあげます。)今回は裁判所は判決に苦慮し、たびたび延期し両者の調停をもはかろうとしまいた。やっと出たのが今回の判決ですが、裁判所は被告の運転過失を認めましたが、被害者は予想通りの執行猶予となりました。タマサート大学側の被害者は、この後、民事で実を取るのではないかと思います。

ちなみに、タイのいくつかのニュースを追ってみると、だんだんと振興勢力が審議の透明性と同一基準を実現させていく過程をみることができます。だだし、完全に実現する道ははるか遠いですが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム