プロフィール

Kodek

Author:Kodek
タイの社会・文化をタイ字新聞やタイ語の記事を通して理解しおうとするブログです。日本語で伝えるタイの情報にはどうしてもバイアスがかかってしまう。タイの新聞にはタイの新聞の「味」があります。おもしろおかしく紹介する風潮とは一線を画してタイ語の記事のおもしろさを伝えられればと思っています。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

昨今は..弱い人を助けることが、すごく難しくなっているのかな?



สมัยนี้..การช่วยเหลือคนที่อ่อนแอกว่ามันยากมากอย่างนั้นเหรอ?

昨今は..弱い人を助けることが、すごく難しくなっているのかな?
タイの友人のFacebookから

ลูกสาวอยู่ชั้นป2 เล่าให้ฟังว่ามีเด็กชื่อ "ป" อยู่ในห้องไม่พอใจอะไรก็ตบอก ชกหน้าเพื่อน บางครั้งก็ถีบเพื่อนจนได้แผล...จริงๆเด็กคนนี้เป็นอย่างนี้มาตั้งแต่ป1. และโดนโหวตให้ไล่ออกจากรร. คงด้วยความสงสารเด็กมั้ง รร.จึงให้อยู่ต่อ และปีนี้ก็โป๊ะเช๊ะมาอยู่ห้องเดียวกันกับลูกสาว


小2の娘が言うには、ポーという子供がクラスに居て、すべてが気に入らなくて、クラスの友達の胸をはたいたり、顔を殴るという。あるときは、けがをするほど友達を蹴った..
本当に、この子供は小1からこんな感じで、ある会議で決議されて学校から追い出されることになったことがある。その子供への同情からか、学校側はそれでも居させることにした。そして、今年、この「ポチャ」(注:殴るのが好きなこども)が娘と同じクラスになったのだった。

-- เวลา ป. ต้องการอะไรหนูรีบโยนให้แล้ววิ่งหนีเลยค่ะ หนูกลัวค่ะคุณแม่ ครูก็เอาไม่อยู่

--ポーが何かしたくなったら、わたし、急いで避けて走って逃げるの。怖いもの、ママ。先生は監督できないの。

--วันนี้ ป. ชกอกเพื่อนอย่างแรงเลยคุณแม่ ทั้งที่เพื่อนไม่เกี่ยว แค่เค้าโดนครูทำโทษไม่ให้ออกจากห้อง เค้าก็ชกคนข้างๆทันทีค่ะ

--今日、ポーが強く友達の胸を殴ったの、ママ。これって、友達に理由なんて全然関係ないのよ。ポーは先生に教室から出ないようにと罰せられるだけなの。彼は隣の子をすぐになぐるのよ。


--วันนี้ ป. ตบเพื่อนจนเพื่อนหนีไม่ได้ แล้วไม่มีคนช่วยเลยคุณแม่ มีแต่คนกลัว หนูก็หลบ แต่หนูสงสารเพื่อนค่ะคุณแม่

--今日、ポーが友達は逃げることができなくなるまで、叩いたわ。誰も助ける人がいないのよ、ママ。怖がるだけ。わたしも避けるけど、友達に同情するのよ、ママ。

ทำไมไม่บอกครู? แม่ถาม
ใครบอกครูก็โดนอีก เค้าจะคอยมองครูค่ะคุณแม่ จะทำเพื่อนตอนครูเผลอ หรือครูไปเข้าห้องน้ำค่ะ
เฮ้อ...อันธพาล ครองห้องเรียนชะแล้ว...


どうして先生に言わないのと、ママは訊ねる。

誰かが先生に言ったら、お返しをされるわ。ポーは先生をよく見ているのよ、ママ。先生が見ていなかったり、トイレに行っているすきに友達を叩くのよ。

ヘー、不良ね。クラスを牛耳っているわね。

ที่สำคัญเด็กสมัยนี้มองคนถูกทำร้ายกันเฉยๆ ไม่อยากช่วยด้วยความกลัว..
ทำไงดี? ท่านใดมีไอเดียอะไรบ้างคะ ?

(ณ.ปัจจุบัน พ่อ-แม่เด็กที่โดน ป.ทำร้าย ก็เดินเข้าออก พบครูแทบทุกอาทิตย์ค่ะ ส่วนตัวพ่อแม่เด็กอันธพาลก็เต็มๆค่ะ เข้าข้างลูกสุดชีวิต ลูกชั้นดี ลูกชั้นเก่ง อ้อ.เด็กคนนี้เรียนดีด้วยค่ะ ^^)


今の子供は人が悪さをされるのを黙って見ているのね。助けることはしないで、怖がっている..
みんな、どうしたらいい?誰かいいアイデアない?

(現在、ポーに悪いことをされた子供の父母は、いろいろ連絡し合い、ほどんど毎週先生と会っている。また、不良の(ポーの)父母も頭に血が上り、必死に息子の側に立ってかばっている。最高の息子だ、優秀だ、勉強ができると。^^))   

注:「ぽちゃ」=殴るのが好きな子供、YouTubeを参照のこと

この「タイ字新聞~」の記事を興味深く感じていただけたら、アイコンにクリックをお願いいたします。
皆様からクリックとコメントが励みになります。
どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ


スポンサーサイト

<< エイズに似た新しい病気がタイと台湾で見つかる | ホーム | 僧が「ステーブ・ジョブズは死んで何所に行ったか」を説教、自己を誇示し、戒律を犯していると批判される >>


コメント

日本でもイジメが問題になってますが、
共通点は加害者親の態度ですね。

クラスメートが一丸になって皆を守るれたら良いんですが。

退学しかないのかなぁ。
でもそうすると、加害者立ち直れないですね。

クラスで暴力が起こらないようにするには、被害者の親たちが何ができるかから始めたほうがいいのかなと思います。話しあった交替で授業参観をして、ダメ先生の代わりに見はることですね。そのくらいの真剣さを見せないと学校も加害者の親も動かないでしょう。学校がそれでは困ると言ったら、クラスを2人の先生にするか加害者の親がクラスに来ることを要求すべきでしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム