2012-06-24

子供が読んでもわからない政府支給の小1が使うタブレットの注意書き

120624Mthainews.jpg

ชาวเน็ตงง! คำเตือนแท็บเล็ตป.1 อ่านไม่ได้ความ

ネット族、困惑!タブレットの注意書き、読んでも役に立たない

MThai Newsより

รายงานข่าวแจ้งว่า ผู้ใช้อินเตอร์เน็ตโพสต์ภาพคำเตือนการใช้งานบนสติ๊กเกอร์ที่แปะกับส่วนแปลงกระแสไฟฟ้าของแท็บเล็ต ป.1 ที่นำเข้ามาจากบริษัทเสิ่นเจิ้น สโคป ไซแอนทิฟิก ดีเวลลอปเมนต์ ซึ่งข้อความนั้นไม่สามารถสื่อความหมายได้ ดังนี้

マスコミ報道によれば、インターネットのユーザーが、小学校1年生のタブレットの交流電流の部品に張ってあるステッカーの利用の注意書きの写真を投稿した。そのタブレットはShenzhen Scope Scientific Development Co.から輸入したものである。
メッセージは、以下のようで、子供に意味を伝えることができない。

เตือน
1.มือไม่สามารถเข้ามาติดต่อกับสองขาโลหะเมื่อเสียบที่ชาร์จ
2.ที่ดีที่สุดภายใต้การดูแลผู้ใหญ่ของการดำเนินการเมื่อเด็กเสียบที่ชาร์จ
ทั้งนี้ภาพดังกล่าวถูกโพสต์ลงเว็บไซต์เฟสบุ๊กมาเป็นเวลากว่า 1 สัปดาห์แล้ว จนมีผู้แสดงความคิดเห็นเป็นจำนวนมาก ส่วนใหญ่ไม่เห็นด้วยที่จะให้แท็บเล็ตป.1 ที่มีข้อความไม่ได้ศัพท์เช่นนี้ไปถึงมือเด็กๆ เพราะอาจเกิดอันตราย
ด้าน น.อ.สุรพล นะวะมวัฒน์ ที่ปรึกษารัฐมนตรีว่าการกระทรวงเทคโนโลยีสารสนเทศและการสื่อสาร (ไอซีที) ในฐานะคณะกรรมการจัดทำทีโออาร์แท็บเล็ต ป.1 และที่ปรึกษาคณะกรรมการตรวจรับแท็บเล็ต กล่าวยอมรับว่า ภาพที่ปรากฏ เป็นความจริง เบื้องต้นทางคณะกรรมการตรวจรับแท็บเล็ต ได้ท้วงติงไปยังผู้ผลิตแล้ว โดยให้เปลี่ยนคำเตือนดังกล่าว
เสียใหม่ และยืนยันว่าแท็บเล็ตลอตใหม่ 10,000 เครื่องที่เพิ่งส่งมาถึงเมืองไทย ได้มีการปรับเปลี่ยนสติกเกอร์คำเตือนดังกล่าวแล้ว


注意
1.充電する(ためにプラグを差し込む)際は、手を(プラブの)2つの(差し込み)金属に触れることはできない。
2.子供が行う(充電する)ときは、大人の管理の下で行うことが一番良い。

くだんの写真は、フェイスブックのウェブサイトに投稿されて1週間以上経ち、多くの意見が掲載された。意見の大部分は、小学1年のタブレットに、危険なのだから、子供の手に、このような言葉のメッセージはまずいだろうということに同意している。

一方、技術情報通信省(ICT)大臣顧問のスラポン・ナワマワット氏は、小学校1年生のタブレットを取り扱う委員会とタブレット検討委員会顧問の立場として、写っているこの写真は本物で、タブレット検討委員会は、すでに生産メーカーに、くだんの警告の言葉を変えるように、クレームを出したと認めている。新しいロートのタブレットは、ちょうと今頃、タイに1万台送られてくるところだ。くだんの注意書きのステッカーは改善されている。


にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

タブレットの件に関して、なんだかやる事なす事マヌケですね。
突っ込みどころ在り過ぎて笑うことさえできないですね。

海外暮らし様、コメント、ありがとうございます。

本当ですね。タブレットを本当に学校でカリキュラムの中で使えるのか、不安になる前触れのような気がします。
プロフィール

Kodek

Author:Kodek
タイの社会・文化をタイ字新聞やタイ語の記事を通して理解しおうとするブログです。日本語で伝えるタイの情報にはどうしてもバイアスがかかってしまう。タイの新聞にはタイの新聞の「味」があります。おもしろおかしく紹介する風潮とは一線を画してタイ語の記事のおもしろさを伝えられればと思っています。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ブロとも一覧
フリーエリア