プロフィール

Kodek

Author:Kodek
タイの社会・文化をタイ字新聞やタイ語の記事を通して理解しおうとするブログです。日本語で伝えるタイの情報にはどうしてもバイアスがかかってしまう。タイの新聞にはタイの新聞の「味」があります。おもしろおかしく紹介する風潮とは一線を画してタイ語の記事のおもしろさを伝えられればと思っています。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

タイ版全国入学統一試験始まる

120218komchatlwk.jpg

สอบโอเน็ตวันแรก

O-NET試験はじまる

コムチャトルックより

สอบ O-NET ม.6 วันแรกไม่พบทุจริต ด้าน 'สทศ.' ยันข้อสอบออกตรงตามหลักสูตรฯ แนะนร.ศึกษาตัวอย่างข้อสอบทางเว็บก่อนลงสนามจริง ด้าน ทปอ. เห็นชอบปรับค่าน้ำหนักขององค์ประกอบแอดมิชชั่นส์ ปี56


初日の高校3年のO-NET試験は、国家教育試験協会によれば、不正が生じなかった模様である。この試験は教育カリキュラムに沿った試験問題で、前もって本試験に入る前にWEBの試験サンプルで学生に指示する。全国大学学長会議によれば、2013年は入学試験の点数の重みづけを改善したほうがよいということである。

18 ก.พ.55 นางฉวีวรรณ คลังแสง ผู้ช่วยรัฐมนตรีประจำกระทรวงศึกษาธิการ (ศธ.) พร้อมด้วยนายสัมพันธ์ พันธุ์พฤกษ์ ผู้อำนวยการสถาบันทดสอบทางการศึกษาแห่งชาติ (สทศ.) ได้เดินทางมาตรวจเยี่ยมการจัดสอบแบบทดสอบทางการศึกษาระดับชาติขั้นพื้นฐาน หรือ O-NET ระดับชั้น ม. 6 ปีการศึกษา 2554 ซึ่งถือเป็นการจัดสอบวันแรกพร้อมกันทั่วประเทศ เพื่อนำผลคะแนนไปใช้เป็นองค์ประกอบหนึ่งในการคัดเลือกบุคคลเข้าศึกษาต่อสถาบันอุดมศึกษาในระบบกลางการรับนิสิต นักศึกษา หรือแอดมิสชั่นส์ ประจำปีการศึกษา 2555

2012年2月18日、教育省次官のチャウィワン・クランセーン女史は、国家教育試験協会長のサムパン・パンプルック氏を伴い、国家教育基礎試験、すなわち、2011年度の高校3年用O-NETの試験会場を実地検分に訪れた。それは全国で同時に試験が行われた初日であり、2012年の大学生を公正に受け入れるシステムとして、大学入学の個人選別の資格として使われるものである。

ブログランキングに参加しました。
クリックしていただくと励みになります。

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

Kodek注:「もとタイ留学生がのぞいたタイランド」というサイトにタイの入試システムが解説してありました。大学の入学資格要件としての試験はいくつもあるんですね。

タイの入試システム、A-NET、O-NET [タイの教育]

タイの大学入試は2006年からADMISSIONというシステムを新しく導入しましたが、あまりにも採点ミスだらけで結局的にもう一回採点しなおして、結果の発表日を延期することになったらしいです。

いったいどんなシステムだろうと興味を持ち始めて、調べました。センター試験と留学生の統一試験などの日本のシステムしか受験したことがない僕はタイの入試には全く縁がありませんでしたが、最近A-NETやO-NETなどのキーワードがタイの各新聞に取り上げられているので、一応豆知識として知っておくべきことだと改めて考え直しました。

06年タイの入試システムは次のように点数を配分しています。

1. GPAx (Cumulative GPA) 10%
2. GPA (Grade Point Average) 20%
3. O-NET(Ordinary National Education Test) 35-70%
4. A-NET(Advance National Education Test) 0-35%


GPAxとは高校3年間の成績から累計して計算された点数です。イメージとして所属高校の学年一番なら10点、ビリなら0点と考えてもいいです。この10%は各校によって結構独自の計算方法をとっているので、全国共通ではないそうです。学校間にレベル差があった場合、名門高のビリが地方の高校の1地位にもなれるので、この10%はかなり差異が出るような気がします。

GPAとは高校時代の授業科目に基づいて算出された点数です。基本的に8つの科目(数、タイ語、社会、外国語、科学(物理、化学、生物)、美術、家庭科、保健体育)のうち最高で5つの科目を使って計算します。どの科目かは志望学部によって異なります。例えば、医学部なら
タイ語 4%
英語  4%
数学  4%
科学  4%
社会  4%
計   20%と定義されています。

O-NET(Ordinary National Education Test)
試験形式は日本のセンター試験に近いものです。基礎的なレベルの問題ができるかどうかを調べるために行うので、どちらかというと基礎的な知識があるかどうかが試されると思います。
試験科目はタイ語、社会、英語、数学、化学の5つに決められています。試験形式は、マークシート形式8-9割、記述問題は10-20%に分けられているそうです。


A-NET(Advance National Education Test)
応用問題が出題される試験だそうです。試験に出される科目は志望学部によって違います。日本の2次試験みたいなものではないかと思いますが、受験科目の詳細は毎年の規定に従って行わないといけません。

スポンサーサイト

<< タイでは秘書と法律家の職業が高収入の傾向 | ホーム | 不敬罪、タマサート大学を二分する >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム