2012-02-18

不敬罪、タマサート大学を二分する

120218asahi.jpg

ブログランキングに参加しました。
クリックしていただくと励みになります。

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

Kodek注:

下記の記事が朝日新聞に掲載されていました。
タイ字新聞から訳した不敬罪とタマサート大学のかかわりを改めて振り返ってみたいと思います。



不敬罪、揺れるタイの名門大 「言論の自由への介入」
2012年2月18日03時00分
 朝日新聞デジタル


タイの名門大学、タマサート大が揺れている。不敬罪の見直しを求める教員の学内活動を「王制批判と誤解されかねない」と大学側が禁止したところ、一部の教員や学生から「言論や学問の自由への介入」との反発が強まり、禁止撤回に追い込まれた。
 見直しを求めているのは、法学部の教員7人が1年半前に結成した「ニティラート(人民の法)グループ」。タイ刑法は王や王妃、王位継承者らを侮辱すると禁錮3~15年と定める。2006年のクーデター以降、体制批判を封じる目的で不敬罪の摘発が急増し、民主主義の根幹である言論の自由が脅かされていると主張。1月末、メンバーが中心になって法改正を求める署名運動を始めた。
 これに対し、大学は1月30日に理事会を開き、ニティラートの施設利用禁止を決めた。ソムキット学長は「活動が王室の侮辱につながるとの批判が政府や国民から出ている。放置すれば大学が支持していると誤解される」と説明する。
 かつて大学で起きた虐殺事件も大学の対応に影を落とす。1976年10月、国軍が右翼団体とともに政府に批判的な学生らを襲撃し、多数を殺害した。パリンヤ副学長は「学生が王室転覆を謀ったということが口実にされた。最近は国軍幹部や政府要人がニティラートを批判するなど、状況が似てきた」と懸念する。
 これに対し、学生団体などの代表で構成する学生連合の政治参加委員会は2日後、決定が言論や学問の自由を制限することになる恐れがないか説明を求める質問状を学長に提出。学生互選の学生評議会も決定を批判する声明を発表した。
 批判を受け、大学理事会は13日に再協議。禁止決定を取り下げ、届け出によって判断すると修正した。
 法学部の学生らで構成する「民主主義のためのリベラル連盟」は大学の決定を批判するポスターを学内に掲示した。だが「大学当局の指示で警備員が撤去し、一部のキャンパスしか残っていない」(3年生のプラップさん)と言論統制が続いていると批判する。
 一方、マスコミ・ジャーナリズム学科の卒業生有志が禁止を支持する声明を発表したほか、ニティラートの活動を批判する学者らが6日、学内で公開セミナーを開き、400人が集まった。ニティラートも活動を続ける姿勢を崩しておらず、対立は深まっている。(バンコク=藤谷健)
     ◇
 〈タマサート大学〉 立憲革命で絶対君主制を倒した人民党のプリーディ元首相が革命の2年後の1934年に創立。民主主義や言論の自由を重んじる校風で知られる。73年10月には軍事政権を倒す運動を引っ張ったが、3年後の10月6日に国軍などが改革派の学生らを襲撃し、再び軍事独裁の時代に逆戻りした。

ブログランキングに参加しました。
クリックしていただくと励みになります。

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


2012年1月30日

มธ.ห้ามใช้พื้นที่เคลื่อนแก้ม.112

タマサート大学学長、112条の不敬罪法改正をめぐる動きに敷地を使うことを禁止
コムチャトルック紙より

อธิการมธ.เผยที่ประชุมกก.บห.มีมติเอกฉันท์งดใช้พื้นที่มหาวิทยาลัยเคลื่อนไหว ม.112

学長、理事会で112条のの不敬罪法改正をめぐる動きに大学の敷地を使うことに止めさせる満場一致の決議をしたことを述べる

ผู้สื่อข่าวรายงานว่าเมื่อเวลาประมาณ17.30 น.วันที่ 30 ม.ค. ศ.ดร.สมคิด เลิศไพฑูรย์ อธิการบดีมหาวิทยาลัยธรรมศาสตร์ โพสต์ข้อความผ่านเฟซบุ๊กว่า ที่ประชุมกรรมการบริหารมหาลัยธรรมศาสตร์ซึ่งประกอบด้วยคณบดี ผู้อำนวยการสำนักสถาบันมีมติเอกฉันท์ว่ามหาวิทยาลัย คณะสำนักสถาบันจะไม่อนุญาตให้ใช้พื้นที่มหาวิทยาลัยลัยเพื่อเคลื่อนไหวกรณีมาตรา 112 อีกต่อไป เพราะมหาวิทยาลัยเป็นสถานที่ราชการ
"การอนุญาตต่อไปอาจทำให้คนเข้าใจผิดว่าเป็นการดำเนินการของมหาวิทยาลัย หรือมหาวิทยาลัยเห็นด้วยกับการดำเนินการดังกล่าวข้างต้น อีกทั้งอาจนำมาซึ่งความขัดแย้งอย่างรุนแรงภายในบริเวณมหาวิทยาลัย จนมหาวิทยาลัยไม่อาจดูแลความปลอดภัยของบุคคลและทรัพย์สินของมหาวิทยาลัยได้" อธิการบดีมหาวิทยาลัยธรรมศาสตร์ ระบุ

マスコミが報じるに、1月30日17:30に、タマサート大学学長ソムキット・ラーサパイトゥー教授は、フェイスブックに発言を投稿し、学部長、研究機関理事長より構成されるタマサート大学理事会で、大学と研究機関団体は、これ以上112条の不敬罪法改正をめぐる動きのために、大学の敷地を使うことは許さないと満場一致で決議したと述べた。なぜなら、大学は公務の場所であり、これ以上許すことは、このことを大学が行っているか、あるいは大学が上述の事に同意していると誤解させることになる。またそれらは、大学周辺で激しい反対運動をもたらすかもしれない。そのことで大学が人と資産を安全に管理できなくなるかもしれない。タマサート大学学長はそのように述べた。

注:このタマサート大学学長の発言は、以下の記事が述べている一部タマサート大学の法律学者のグループの不敬罪法改正の動きに対応して出てきたものと思われます。
  
野党・有識者、不敬罪規定改正に反対
タマサート大学の法律学者からなるグループ・ニティラットが不敬罪を規定した法改正を求めていることに対し、同大学法学部の1958年度同窓会が1月28日、法改正に反対を表明した.......
(バンコク週報より)

2012年2月2日

หวิดวุ่น!! กลุ่มหนุนลุยเดี่ยว กลางวง กลุ่มต้านนิติราษฎร์
วันพฤหัสที่ 2 กุมภาพันธ์ 2555

大騒ぎ!!「ニティラット・グループ(国民の法律)」阻止集会は若者一色

2012年2月2日木曜日 MThai Newsより

เมื่อเวลา 14.00 น. ผู้สื่อข่าว Mthai News รายงานจาก มหาวิทยาลัยธรรมศาสตร์ ท่าพระจันทร์ว่า ศิษย์เก่า ศิษย์ปัจจุบันและคณาจารย์ คณะวารสารศาสตร์และสื่อสารมวลชน มหาวิทยาลัยธรรมศาสตร์ ประมาณ 100 คน ภายใต้ชื่อกลุ่มวารสารต้านนิติราษฎร์ ได้ไปรวมตัวกันที่บริเวณลานปรีดี พนมยงค์
เพื่อชุมนุมแสดงพลังคัดค้านกลุ่มนิติราษฎร์ ทั้งนี้ ทางกลุ่มวารสารฯ เข้าชื่อยื่นหนังสือถึงอธิการบดี ให้ตั้งกรรมการสอบความเหมาะสมของกลุ่มนิติราษฎร์

14:00に、Mthai記者の報道によれば、ター・プラチャンのタマサート大学で、タマサート大学出身のOB,学生、教職員、ジャーナリストとマスコミ、約100名が、「ニティラット」グループを阻止するワーラサーン・グループの名前で、プリディーパナムヨン広場に集まった。
集会は、「ニティラット」グループに反対する力を示唆するためであり、そのため、ワーラサーン・グループは、名前を記入し、要求文書を学長に提出した。その文書は、「ニティラット」グループの存在が適したものであるかを審査する委員会を設立することを要請している。

ブログランキングに参加しました。
クリックしていただくと励みになります。

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kodek

Author:Kodek
タイの社会・文化をタイ字新聞やタイ語の記事を通して理解しおうとするブログです。日本語で伝えるタイの情報にはどうしてもバイアスがかかってしまう。タイの新聞にはタイの新聞の「味」があります。おもしろおかしく紹介する風潮とは一線を画してタイ語の記事のおもしろさを伝えられればと思っています。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ブロとも一覧
フリーエリア