FC2ブログ

2018-11-21

その15-ブッダの一握りの木の葉 ―ブッダの核となる教えとは

■これからしばらく「ブッダの一握りの木の葉 ―ブッダの核となる教えとは」という本を訳してみたいと思います。
表紙は下記の写真となります。(翻訳の許可は原著者からとっています。)

180913てのひら

181108supawan.jpg

第三章 涅槃はどこにあるのか

子供の頃、私は、涅槃というのは天女と神々で満ちた美しい天国を想像したところで、私達のような一般の人が行き着けないところであるという言葉を聞きました。何故なら、あまりにも遠く、ブッダや非常に経験を積んだ長老僧のみが行けると聞いていたのです。
 多くの仏教徒がそのように考えたのだと、私は信じています。スワンモック寺院のプッタート師の教えに出会ったとき、私は、涅槃を「空」と解釈しました。その当時、私は20才で、タマサート大学の学生で、1973年10月14日の事件(シップシー・トラー:学生によるクーデター事件もしくは血の日曜日事件)を経験したばかりで、心はみずみずしく沸騰していて、誰もが人生の真実の意味を知りたいのではという疑問に満ちていました。
すごく知りたかったのは、人生の目的は何かということでした。何故、良き人物がまた、若者や若い女性が、自分の国に対して希望を持っていたにもかかわらず、銃撃されて死んでいったのか、人生の価値はどこにあるのか、それをどのように量ったらいいのかということでした。
とりわけ知りたかったのは、何が最高の真理かということでした。スワンモック寺院とプッタート師の出会いによって、私は真理に近づくための1つの道を知りました。しかし、このことについては、実は何事も明確に理解できていませんでした。1976年10月6日クーデターの過程で発生したタンマサート大学虐殺事件(血の水曜日事件)によって、友や同士が命を奪われるような、あるいはそうでなければ森に逃げ込むようなことまで起きた、その時代の政治動乱による「苦」と自分個人の人生で遭遇した問題が同時に起こり、私は、それらに耐えて瞑想にのめり込みました。まるで、その当時、そのこと以外のことはできなかったかのように。


この「タイ字新聞~」の記事を興味深く感じていただけたら、
アイコンにクリックをお願いいたします。
皆様からクリックとコメントが励みになります。
どうぞよろしくお願いします。


にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kodek

Author:Kodek
タイの社会・文化をタイ字新聞やタイ語の記事を通して理解しおうとするブログです。日本語で伝えるタイの情報にはどうしてもバイアスがかかってしまう。タイの新聞にはタイの新聞の「味」があります。おもしろおかしく紹介する風潮とは一線を画してタイ語の記事のおもしろさを伝えられればと思っています。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ブロとも一覧
フリーエリア