FC2ブログ

2018-09-29

その7-ブッダの一握りの木の葉 ―ブッダの核となる教えとは

■これからしばらく「ブッダの一握りの木の葉 ―ブッダの核となる教えとは」という本を訳してみたいと思います。
表紙は下記の写真となります。(翻訳の許可は原著者からとっています。)

180913てのひら

180928_2budha.jpg

しかし、人生の真の目的は何か、誰も本当に知らなかったのです。シッダールタ青年は、覚りを探求する集団に6年間、参加しました。命がほとんど危険になるまで、その時代にあった様々な修行方法を試行錯誤しました。その時代のインド社会で起こっていることは、森に入った男が森からの出口を見つけられないような状態でした。ですから、ブッダの覚りは、森に入った男が偶然、不死の甘露(アムリタ)の池に出会ったような状態、あるいは、本当のところ、この「虎」は「虎」でなく、普通の善良な人でああるという真理を発見したことでした。
ブッダの覚りとは、彼が自然の最高の真理を発見したことを意味します。宇宙の最後の境界を発見したようなものです。さらに北に行くことができない極北です。ブッダはこの状態を涅槃と呼びました。そこは、苦が完全に尽きる唯一の場所で、「虎」から人に戻れ、人生の牢獄から出られ、完全な心の自由が得られるところです。すべての人間はいつも新たに多くの問題に直面していますが、ここは問題が尽きることが直ちにわかるところです。
涅槃の状態あるいは最上の覚りとは、すでに元々人の心にある状態です。ブッダが生まれようと生まれまいが、いずれにしても、涅槃は元々あり、ずっとあり続けるものです。ただ、森の中のアムリタの池のように、以前、誰も見ていなかったし、発見したことがありませんでした。ブッダが誰も発見したことがないものに出会ったのは、素晴らしいことでした。ブッダの覚りは、他の思想家と異なる新しい思想のカテゴリーとして創ったものではないことを、知識ある人は理解すべきです。涅槃の状態に入るのは、まったく思考することと関係ありません。ブッダが思考を用いたのは、その後であり、教えを説き始めた後でした。



この「タイ字新聞~」の記事を興味深く感じていただけたら、
アイコンにクリックをお願いいたします。
皆様からクリックとコメントが励みになります。
どうぞよろしくお願いします。


にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kodek

Author:Kodek
タイの社会・文化をタイ字新聞やタイ語の記事を通して理解しおうとするブログです。日本語で伝えるタイの情報にはどうしてもバイアスがかかってしまう。タイの新聞にはタイの新聞の「味」があります。おもしろおかしく紹介する風潮とは一線を画してタイ語の記事のおもしろさを伝えられればと思っています。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ブロとも一覧
フリーエリア