2012-01-20

首相府大臣に入閣予定のナリニー女史、米国のブラックリストは旅行ビザは関係しないと述べる

120120Nation01.jpg

Nalinee: US blacklist not about visa
The Nation January 20, 2012


首相府大臣に入閣予定のナリニー女史、米国のブラックリストは旅行ビザは関係しないと述べる

2012年1月20日 Nationより


Incoming PM's Office Minister Nalinee Taveesin has defended her records, saying the United States blacklist is about a ban on business transactions with American citizens and not travel restrictions.
"I still have a 10-year US visa," she said, in an interview with the Thursday's edition of Matichon online.
Nalinee conceded she has not travelled to the US since 2008 because she deems it unnecessary to make a trip.
She said the 2008 blacklist issued by the US Treasury Department was a business transaction ban and not about entering the country.
"The Ministry of Foreign Affairs has checked and confirmed there is no visa ban," she said.
She said she had known Zimbabwe's President Rober Mugabe and his wife since 2002 but had no business dealing as alleged.
The blacklist was a one-sided decision issued without giving her a chance to explain, she said.


首相府大臣に入るナリニー・タベーシンは自分の記録を弁護し、米国のブラックリストは米国市民とのビジネス行為を禁止しているが旅行は制限していないと述べた。
「私は10年ビザを持っている。」とマティチョン・オンラインの木曜日版のインタビューで述べている。
ナリニーは、旅行する必要がないからと、2008年から米国に旅行したことがないことを認めている。
彼女が述べるに、米国財務省による2008ブラックリストは、ビジネス行為禁止であり、米国に入ることには関係がない。
「外務省は、ビザ発行禁止ではないことをチェック確認した。」と彼女は述べた。
彼女は、ジンバブエ大統領、ロバート・ムガベとその妻とは2002年から知り合いであるが、申し立てられたようなビジネス行為はないと述べた。
ブラックリストは一方的な決め付けで、彼女に説明の機会も与えなかったと述べた。

ブログランキングに参加しました。
クリックしていただくと励みになります。

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kodek

Author:Kodek
タイの社会・文化をタイ字新聞やタイ語の記事を通して理解しおうとするブログです。日本語で伝えるタイの情報にはどうしてもバイアスがかかってしまう。タイの新聞にはタイの新聞の「味」があります。おもしろおかしく紹介する風潮とは一線を画してタイ語の記事のおもしろさを伝えられればと思っています。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ブロとも一覧
フリーエリア