プロフィール

Kodek

Author:Kodek
タイの社会・文化をタイ字新聞やタイ語の記事を通して理解しおうとするブログです。日本語で伝えるタイの情報にはどうしてもバイアスがかかってしまう。タイの新聞にはタイの新聞の「味」があります。おもしろおかしく紹介する風潮とは一線を画してタイ語の記事のおもしろさを伝えられればと思っています。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

封筒に入っているお祝い金があまりに少なく、結婚式主催者、封筒を参列者に返却!自分は、近所の結婚式では少なくとも500バーツは入れたと述べる

170129khaosod.jpg

ใส่ซองน้อยเกิน! เจ้าภาพส่งการ์ดคืนให้แขก บอกแถวบ้านใส่อย่างต่ำ500บาท
วันที่ 28 มกราคม 2560 - 19:12 น.

封筒に入っているお祝い金があまりに少なく、結婚式主催者、封筒を参列者に返却!自分は、近所の結婚式では少なくとも500バーツは入れたと述べる

2017年1月28日19:12
カオソットより

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ


เป็นอีกกระแสดราม่าในโลกโซเชี่ยล เมื่อสาวคนหนึ่งโพสต์ภาพซองงานแต่งที่เจ้าภาพส่งคืนมาให้ พร้อมกระดาษโน้ต ระบุข้อความว่า “พี่ขอบคุณมากนะ ถ้าไม่มีขนาดนี้ บอกพี่ได้ พี่ให้เป็นของขวัญ สำหรับการเริ่มงานใหม่” พร้อมลงชื่อเจ้าภาพ

โดยเจ้าของภาพดังกล่าวโพสต์ข้อความด้วยว่า “หนูไม่เข้าใจเลยค่ะ หนูไปช่วยงานตั้งแต่แปดโมง หมดเงินไปกะค่าชุด ค่าน้ำมันรถ มีเงินใส่ซอง 200 ถึงกับไม่พอใจคืนซองหนูเลย เค้าบอกว่าต่ำๆแถวบ้านเค้าใส่ซอง 500 แถวบ้านนอกบ้านเค้าใส่กันแบบนี้ มันเป็นมารยาทของคนทั่วไป เอาซองกลับคืนไปเผื่อเงินนี้จะทำให้หนูกินข้าวได้สองสามวัน!!! #หนูขอโทษนะคะที่มีเงินแค่นี้ #เงินเดือนหนูน้อยเองหนูขอโทษค่ะ”
นอกจากนี้เจ้าของงานแต่งยังได้ Unfriend แขกคนนี้ออกจากเฟซบุ๊กด้วย
จากประเด็นเรื่องราวที่เกิดขึ้น ทำให้เกิดกระแสวิพากษ์วิจารณ์ถึงการใส่ซองช่วยงานต่างๆ ไม่ว่าจะเป็นงานบุญ งานแต่งหรืองานศพว่า ความจริงแล้วควรใส่เท่าไหร่ถึงจะเหมาะสม หรือควรใส่ตามกำลังที่มีอยู่


また、SNSの世界でドラマのようなニュースが報道された。ある女性が、結婚をした人物が返送してきた結婚式お祝い用の封筒とノートの紙切れの写真を投稿した。その紙切れには、次のメッセージが書いてあった。
「どうもありがとう。お祝い金が世間並みでなかったら、私に言ってくれたらいいのに。このお金をプレゼントとしてあげるわね。新しい生活を始めるに際して必要でしょう。」 
最後に主催者のサインが書かれてあった。

注:コメントしてくださったViwさんの説明を受けて意訳すると、どうも下記のようになるらしい。
どうもありがとう。世間並みのお祝い金を収めないなんて、事前に言ってくれれば結婚式に招待しなかったわ。こんなはした金はいらないから取っておいて、新しい生活を始めるのみ必要でしょう!


この写真の投稿主は、次のようなメッセージを投稿している。
「自分はまったく理解できない。自分は朝の8時から結婚式を手伝いに行った。服代、車のガソリン代、それに封筒に200バーツの祝い金を入れ、お金が尽きてしまったが、相手は、まだ満足せず自分の封筒を返してきたのだろうか。彼が言うに周りより少ない、彼は近所の人の相場として封筒に500バーツは入れると言い、これは、普通の人の礼儀だと言って、封筒を返したのだ。封筒に入れた金額で自分は2,3日は食事ができるというのに!!
*この程度の金額でごめんなさいね。
*自分のサラリーは少なくて、ごめんなさい。」

これ以外にも、結婚をした人物は、フェイスブックのUnfriendにしてしまっている。起こった出来事が広まってから、封筒に祝い金を入れ、結婚式を手伝ったことに様々な批判が生じたが、結婚式や葬式など、いかなる宗教的な儀式であろうと、実際は、適切で自分に分際に合った金額のお金を入れて贈るべきで(この参列者の行為は問題ない)。

この「タイ字新聞~」の記事を興味深く感じていただけたら、
アイコンにクリックをお願いいたします。
皆様からクリックとコメントが励みになります。
どうぞよろしくお願いします。


にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ
スポンサーサイト

<< 首相、2017ミス・ユニバース最終6人の中に選ばれたナムターン・チャリターを賞賛する | ホーム | 23名の学生、警察に出頭し、巡査部長試験の不正受験を一部供述 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし


Viewさん、コメント、ありがとうございます。
こういう会話体は今ひとつ状況が飲み込めないので難しいですね。

ご助言に沿って訂正いたします。

今後もよろしくお願いいたします。

> こんにちは。Viewです。
> お元気でいらっしゃいますか。
>
> 私もびっくりしながらこの記事を読みました。
> この「紙切れに書いてあったメッセージ」をどう訳すかで苦心されたように見えましたので出しゃばって解説させてください。
> まず、พี่はお金と祝儀袋を送り返してきた人、つまりこのメッセージを書いた人、今回の結婚式の花嫁です。
> この人が何と言っているかというと、「どうもありがとう。もしあなたがお祝いのお金を世間並みに入れられないなら言ってくれたら良かったのに(そしたら私はあなたを結婚式に招待しなかったわよ)。このお金は私からあなたに贈るね。(私には200バーツなんて少なすぎるけれどあなたみたいな貧乏な人には大事だよね、)明日からの新しい生活につかったらいいわ」
> こうなんです(@_@)!!
> ほんとうです。タイ人が行間を読むとこうなるんです。
>
> そんな人がいるんですね。。。
> ใจร้ายมาก
> แบบนี้เรียกว่าคนเห็นแก่เงินค่ะ
> ไม่มีน้ำใจ ( แล้งน้ำใจ )

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム