2016-10-19

国王の臣下として常に仕えることを望みます



にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

ขอเป็นข้ารองบาททุกชาติไป

タイの国王の死去に伴い、よくこの言葉が使われている。

ขอเป็นข้ารอง 

は、「臣下としてお願いしたい」

บาท は พระบาท で仏足石のことで、もともとは「釈迦の足跡を石に刻み信仰の対象としたもの」。

心から敬う者を直接示すことは恐れ多いので、、心から敬う者の足元とか影を示して、敬う者を示すので、この文脈では国王を示している。

ทุกชาติไป は、少し困る言葉で、ชาติが国民、民族を意味し、また、〔輪廻思想の〕一生をも意味する。

ここでは、「何代も生まれ変わる人生を通じてずっと永遠に行く」というすごい意味になっているようだ。

従って、

ขอเป็นข้ารองบาททุกชาติไป

は、「国王の臣下として、何代も生まれ変わる人生を通じてずっと永遠に仕えることを望む」

が、直訳で、簡潔に言えば、

「国王の臣下として常に仕えることを望みます。」

となるのではないだろうか。

参考:ขอเป็นข้ารองบาททุกชาติไป ภาษาอังกฤษว่าอย่างไร


この「タイ字新聞~」の記事を興味深く感じていただけたら、
アイコンにクリックをお願いいたします。
皆様からクリックとコメントが励みになります。
どうぞよろしくお願いします。


にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは

こんにちは、 タイ語の文例を探しててここを見つけました。
先日よりタイ語の勉強用にタイ語例文と発音記号&その他を投稿するブログを公開しました。

ここの記事で書かれているタイ語(と翻訳)を当方のブログのタイ語文例として
使わせてもらいたいと思うのですが、よろしいでしょうか?

タイ語の発音例は、khɔ̌ɔ pen khâa rɔɔng bàat thúk châat pai のようになります。
また試験的に日本語文のタイ語読みも記載するようにしてみました。
こちらのサンプルは โคะคุโอะอุ โนะ ซินคะ โตะซิแทะ ชุเนะนิ ชุคะเอะรุ โคะโตะ โอ๊ะ โนะโจะมิ มะซุ のような感じです。
(タイ語読みのほうは作り方がかなり適当ですが、タイ人で日本語を勉強されている方がいれば参考にしてもらえればと思ってます)
それほど頻繁ではない予定ですが、例文として使用させていただいたときには都度ブログのコメント欄にお知らせを書き込みに来たいと思います。

問題があるようでしたら諦めます。
ご返信お待ちします。

一日 4~6個のタイ語例文をブログに投稿しています。
ブログ名 : Thai go blog/タイ語ブログ
ブログURL : http://tenki.club/t
twitter でも配信中 (@tenki_club )

tasaさん>レス、ありがとうございます。

どうぞ、お役に立てればお使いください。
今後もよろしくお願いいたします。

返信ありがとうございます

kodak 様、了承ありがとうございます。
近日中にまずは一回目をアップしますので
都度お知らせします。

一日 4~6個のタイ語例文をブログに投稿しています。
ブログ名 : Thai go blog/タイ語ブログ
ブログURL : http://tenki.club/t
twitter でも配信中 ( @tenki_club )

こんにちは。
国王崩御に伴い、当社でも喪章をつけて対応、黒のリボンを着用しております。昨日、リストバンド型のものを発見、これは便利だと早速購入しました。そこにブログタイトルの文字が書いてありました。日常会話程度のタイ語・タイ文字はわかりますが、日本の古典のようなものでこういう文章は全くわからず、大変参考になりました。
始めて読ませていただきましたが、これからも頑張ってください。

ジャムック 様>
レスポンス、ありがとうございます。
いくらかでも、お役に立てて光栄です。
こちらこそ、今後もよろしくお願いいたします。

深いですね。

先日タイで購入したディパックにこの文字がありました。
googleで翻訳しても意味がよくわかりませんでした。
なるほどそういう深い意味があったんですね。
この曲はタイのFMでもよくかかってました。
プロフィール

Kodek

Author:Kodek
タイの社会・文化をタイ字新聞やタイ語の記事を通して理解しおうとするブログです。日本語で伝えるタイの情報にはどうしてもバイアスがかかってしまう。タイの新聞にはタイの新聞の「味」があります。おもしろおかしく紹介する風潮とは一線を画してタイ語の記事のおもしろさを伝えられればと思っています。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ブロとも一覧
フリーエリア