2016-10-16

タイ国王の暫定摂政に関する正式発表はまだ行われず

161015Nation.jpg

No official announcement on Regent pro tempore
October 15, 2016 01:00

タイ国王の暫定摂政に関する正式発表はまだ行われず

2016年10月15日 01:00
Nation紙より

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

LEGAL EXPERTS SAY PRIVY COUNCIL CHIEF GENERAL PREM TINSULANONDA HAS TAKEN ROYAL ROLE TILL NEW MONARCH IS APPOINTED

法律専門家、プレーム・ティンスーラーノン枢密院議長が、新しい国王が指名されるまで国王の役割を果たすと述べる。

WITH no official statement, the question of who will fill the position of Regent pro tempore remained unclear yesterday.

However, as a consequence of the provisional constitution, statesman and Privy Council President General Prem Tinsulanonda is supposed to take the title after the passing of His Majesty the King on Thursday.

Section two of the provisional constitution refers to the rules of secession to the throne to chapter two of the 2007 Charter which was scrapped after the 2014 coup.

Article 23 of the 2007 Constitution states: "In the case where the Throne becomes vacant and the King has already appointed His Heir to the Throne under the Palace Law on Succession, B.E. 2467, the Council of Ministers shall notify the President of the National Assembly. The President of the National Assembly shall then convoke the National Assembly for the acknowledgement thereof and shall invite such Heir to ascend the Throne and proclaim such Heir King."

The NLA did not do that during its session on Thursday night. Members only held a nine-minute period of silence to mourn the passing of the King.

正式発表はないが、誰が暫定摂政の地位に就くのか、昨日の時点で不明確のままである。

しかし、臨時憲法によれば、政治家で枢密院議長のプレーム・ティンスーラーノン陸軍大将が、木曜日に亡くなられた国王を引き継ぐことになると想定されている。

2007年憲法は、2014年のクーデターで破棄されたものの、臨時憲法第2章は、2007年憲法第2章の王位継承ルールに言及している。

2007年憲法23条は次のように述べる。:
王位が空位になり、「1924年王位継承法」により、国王の後継者がすでに指名されていた場合、閣議は議会議長に通知し、議会議長はその承認を行うために議会を招集し、王位継承者を即位させるために招き、新しい国王を宣言する。

議会は、木曜日の夜の会議に、このことを行わなかった。議員らは、ただ9分間、国王の喪に服す黙祷を捧げたのみであった。

Prime Minister Prayut Chan-o-cha said later that His Royal Highness Crown Prince Maha Vajiralongkorn preferred to "wait for a proper time" to ascend to the throne as the country was still mourning the passing of His Majesty the King.

"The Crown Prince prefers to join the entire nation in expressing his grief at this time," Prayut said. "He asked that the process of accession to the throne be held back until a proper time. He is aware of his duties as heir to the throne and will continue carrying out his royal responsibilities in his capacity as Crown Prince."

Therefore, according to the Article 24 of the 2007 Constitu-tion, the president of the Privy Council shall be Regent pro tempore, pending the proclamation of the name of the royal heir.

プヤユット・チャンオーチャー首相は、後に、ワチラローンコーン皇太子は、今だ国王の喪に服しているため、王位に就く「適切な時期を待つ」ことを優先したと、述べた。

「皇太子は、この時期、国民全体が喪に服すことに参加することを選んだ。」
とプラユットは述べたのである。
「皇太子は、王位継承のプロセスを踏むことを、適切な時期が来るまで控えることを求めた。皇太子は、王位継承の義務を承知しているが、今は、皇太子としての責務を果たし続けるつもりである。」

それ故に、2007年憲法24条によれば、枢密院議長が摂政となり、王位継承の名の布告をするのである。

Yesterday, local media needed to withdraw reports on the matter, which quoted National Legislative Assembly vice-president Peerasak Porjit as saying that General Prem automatically became Regent pro tempore. The reason behind the withdrawals was unclear and representatives of the concerned media organisations were not available for comment yesterday.

Legal expert Verapat Pariyawong, a visiting scholar at SOAS School of Law at the University of London, said: "According to constitutional rules, the President of the National Legislative Assembly shall convoke the Assembly for the acknowledgement of the heir to throne and invite the heir to ascend the throne to be proclaimed King.

"Pending such proclamation, the President of the Privy Council shall act as Regent pro tempore. In such a case that the said Regent can no longer perform duties as President of the Privy Council, and the Privy Council is required to select a Privy Councillor to act as its President pro tempore. In addition, Article 6 of the palace succession law also provides that the ascension to the throne shall be without question and shall proceed immediately."

Prem, 96, became a member of the Privy Council after stepping down as prime minister in 1988 and was appointed chief of the council in 1998.

昨日、地元メディアは、議会副議長ピーラサック・ポルジットの発言として、プレム陸軍大将が自動的に暫定摂政になったと引用したニュースを撤回する必要が生じてしまった。記事を撤回した理由は明らかでなく、関連するマスコミ機関の代表者のコメントは、昨日時点で入手不可能である。

ロンドン大学ロンドン大学 東洋アフリカ研究学院 客員学者のヴェラパット・パリヤヲン(法律専門家)は、以下のように述べる。
「憲法のルールでは、議会議長が、王位継承者を承認するために議会を招集し、また、国王宣言の即位のためにも、王位継承者をその議会に招くことになっている。」

「そのような宣言を保留した際には、枢密院議長が暫定摂政を務めることとなる。この場合、摂政になった人物は、もはや枢密院議長の責務を果たすことはできない。枢密院は暫定議長を枢密院から選ぶ。加えて、王宮継承法6条は、即位は問題なく、直ちに行う事を規定している。」

プレム、96才は、1988年首相の座から下り、枢密院会員になり、1998年枢密院議長に任命されている。

この「タイ字新聞~」の記事を興味深く感じていただけたら、
アイコンにクリックをお願いいたします。
皆様からクリックとコメントが励みになります。
どうぞよろしくお願いします。


にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kodek

Author:Kodek
タイの社会・文化をタイ字新聞やタイ語の記事を通して理解しおうとするブログです。日本語で伝えるタイの情報にはどうしてもバイアスがかかってしまう。タイの新聞にはタイの新聞の「味」があります。おもしろおかしく紹介する風潮とは一線を画してタイ語の記事のおもしろさを伝えられればと思っています。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ブロとも一覧
フリーエリア