2016-10-01

タオ島殺人事件のが2年経ち、各方面から正当な裁きでないと言う声が聞こえてくる-その2

160929khaosodeng022.jpg
ハンナ・ウィザリッジ(左)とディビット・ミラー(右から2番目)2014年9月14日に殺害される数時間前にフェイスブックに投稿された写真

■タオ島殺人事件のが2年経ち、各方面からの正当な裁きでないと言う声が聞こえてくる-その1
の続きです。


にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

Speaking from behind bars and glass panels through an intercom, Zaw Lin conversed cheerfully in passable English punctuated with frequent laughter. Wai Phyo was more quiet. He’s not confident enough with his English and mostly lets his friend speak on his behalf.
During the course of a 45-minute jailhouse interview, they recounted that night two years ago, discussed life behind bars, and insisted they will not seek a royal pardon as that would mean pleading guilty to something they did not do.
Of the crime, Zaw Lin offered the same version of events presented at their trial last year.
They didn’t know anything about the murders. They had finished working at the AC bar and were playing guitar on the beach. They drank some beer. They walked home at 2am.
He said he knew about the murders on the next day when he returned to work. Fifteen days later, Zaw Lin said, police arrived at the worker housing, took him and Wai Phyo to a safehouse, and beat them until they “confessed” to killing Miller and Witheridge.

鉄格子とガラスパネルの向こう側から内線電話を通じて、ザオ・リンは、まずまずの英語で、笑ってときどき言葉に詰まりながら、それでも陽気な感じで会話をした。ワイ・プヨは、と言えばだまりがちだった。英語に自信がないためか、多くのことは、ザオに話せてもらう形となった。
刑務所での45分のインタビューの間、2人は2年前の夜について詳しく話し、鉄格子の中の生活について述べた。恩赦は求めないと言う。恩赦を求めることは自分達がやっていない罪を認めることになるからだと、述べた。
犯罪について、ザオ・リンは昨年の裁判で提示した同じ見解を述べた。
当日は殺人事件について何も知らなかった。ACバーでの仕事が終わり、ビーチでギターを弾いていた。ビールを少し飲み、午前2時に家に帰った。
次の日に殺人事件を知ったが、それは仕事に戻ってからだった。15日後に、警官が従業員宿舎に来て、自分とワイ・パヨを警察の隠れ家に連れて行き、ミラーとウィザリッジの殺人を自白するまで2人を叩いた。

“They slap me many times. Me and him, in different rooms,” Zaw Lin said, gesturing to Wai Phyo seated next to him. “They also put a bag on me. Plastic bag. I couldn’t breathe. They kick me.”
Police denied their allegations of assault; the court dismissed them as well.
The court also ruled there was sufficient evidence that Zaw Lin and Wai Phyo raped Witheridge before killing her and Miller on that night, including security footage, DNA traces and a phone of Miller’s found in Wai Phyo’s possession.
Lawyers representing the two defendants argued the evidence was circumstantial, and that police forensic testing procedures were unreliable and poorly documented. Wai Phyo also said, through Zaw Lin, that he picked up the phone on the way back home that night without knowing it belonged to Miller.
“I am angry – at police,” Zaw Lin said.

「警察は自分と友達を別室にして、何度も叩いた。」
とゾウ・リンは隣に座っているワイ・パヨに身振り手振りをしながら述べた。
「警察は自分に袋を押し付けた。ポリエチレンの袋だ。息ができなくなった。そして、自分を殴った。
警察は彼らの申し立てた自分たちの暴行を否定した。裁判所も同様、却下した。
裁判所は、ゾウ・リンとワイ・パヨがウィザリッジをレイプし、彼女とミラーを殺した十分な証拠があると裁定した。
監視カメラとDNA鑑定とワイ・パヨの持ち物の中に発見されたミラーの携帯電話などの証拠を合わせて判断したのである。
2人の被告の弁護士は、証拠は状況的なもので、また警察の科学捜査手順は信頼できず、報告文書の内容は乏しいと論ずる。
ワイ・パヨも、ゾウ・リンを介して、自分はその晩、家路の帰り道で、ミラーのものだとは知らずに携帯を拾ったと述べた。
「自分は警察に怒りを持つ。」
とゾウ・リンは述べる。

160929khaosodeng04.jpg
ディビット・ミラーの家族は、2015年12月24日のサムイ地方裁判所の裁判所の判決を受け入れると記者に述べた。

He said he felt that police targeted him because he and Wai Phyo were Burmese workers. Civil rights activists have long accused members of Thai law enforcement of exploiting and mistreating migrant workers from poorer neighboring countries such as Myanmar and Cambodia, who have little protection under the law.
Attorneys for Zaw Lin and Wai Phyo, who work pro bono, have already filed an appeal, but no court date has been set yet. Zaw Lin said he was recently told by his lawyers that the trial may convene in 2017.

ゾウは、警察が自分をスケーブゴートのターゲットにしたと感じていると述べた。自分とワイ・パヨが、ビルマ人労働者だからだ。市民人権活動家は、長きにわたり、ミャンマーやカンボジアなど隣国からの移民労働者の権利を不当にないがしろにして、虐待するタイの法執行者達を非難してきた。移民労働者は法的にほとんど保護が受けらない存在なのだ。
ゾウ・リンとワイ・パヨの弁護士は国選弁護人であるが、すでに控訴している。しかし、裁判の日程はまだ定まっていない。最近、弁護士に裁判は2017年に開かれるかもしれないと言われたとゾウ・リンは述べる。

Tainted by Suspicion
In the aftermath of the Sept. 15, 2014, murders, the Toovichien family quickly became prime suspects – not of the police, but of amateur keyboard sleuths.
There were grounds for suspicion: Witheridge and Miller were last seen at AC Bar, which was owned by Montriwat Toovichien, a brother of village chief Woraphan. A Scotsman who worked as a busker on the island also posted on social media that he was threatened by Montriwat into fleeing Koh Tao.
Led by Facebook group CSI LA, online attention soon turned to Woraphan’s son: Warot, aka Nom Sod, a student at Bangkok University. The page accused Warot, then 22, of murdering the two Britons before fleeing to Bangkok, leaving his family in charge of the cover-up.
Woraphan said the allegations were baseless. DNA tests later established that Warot didn’t kill the two victims, and CCTV footage indicated he was in Bangkok at the time of the killings, but that didn’t stop people from labeling his son a murderer to this day, Woraphan said.
“How many people believed it, and how many people bothered to correct the news and defend him?” Woraphan said. “He was just living his life. Then some people accused him of trumped up charges. This is not how things should be. Imagine if you have a son, you will understand my pain.”
Woraphan took particular offense at media agencies who took up claims on social media and reported them as facts. “How many months did the media bombardment that my son was a murderer go on? And how many of those media outlets apologized? None at all, except the newspaper that I sued,” he said.
In August 2015 Khaosod settled with the Toovichiens and published an apology for a Sept. 24, 2014, headline identifying Warot as the “son of Koh Tao mafia” who “killed [two] farangs.”
Both Khaosod and Khaosod English are part of the Matichon Group.

160929khaosodeng03.jpg
2014年10月30日、バンコクのタイ警察本部らしいところで、ワロットがDNAテストを受ける。父親のウォラパンは右側

疑惑で汚染された生活
殺人事件が起こった2014年9月14日の直後、トーヴィチェン一家が、すぐに有力な容疑者となった。警察ではなく、アマチュアのネット探偵の判断である。
容疑の根拠はあった。ウィザリッジとミラーは最後にACバーで目撃されている。ACバーは、モントリワット・トーヴィチェンがオーナーだ。彼は村長のウォラパン・トーヴィチェンの兄弟である。
島で大道芸人として働いていたスコットランド人も、モントリワットに脅されタオ島から逃げたとソーシャルメディアに投稿している。
フェイスブックのCSILAグループ・ページは、すぐに村長のウォラパンの息子、ワロットに注目した。CSILAグループは、バンコク大学の学生、ワロット、22才が、2人のイギリス人を殺害し、家族が隠ぺい工作をしたと告発した。
ウォラパンが述べるに、この申し立ては根拠がないと言う。DNAテストが後で行われたが、ワロットが2人の犠牲者を殺していないとことが確定している。監視カメラは、ワロットが殺人事件の時間に、バンコクにいたことが示している。しかし、今日まで人々は、ワロットが殺したとレッテルを張ることを止めない。
ウォラパンは述べる。
「一体、何人がそれを信じているのか、一体、誰がが間違ったニュースを訂正するのを邪魔すのか?」
「息子は、ちゃんと非難されない自分の生活をしていた。息子が殺人を犯したと、でっち上げて非難する者がいる。こんなことがあっていいのか。息子のいる親なら、自分の心の痛みを理解するだろう。」
ウォラパンは、メディアに腹を立て、ソーシャルメディアにクレームをつけ、事実を報道するよう要求した。
「一体、何カ月、メディアは自分の息子が殺人者だと攻撃しただろうか?これらのメディアは謝罪をしただろうか?自分が訴えた新聞を除いてまったく謝罪をしていない。」と述べる。
2015年8月、カオソットは、「ワロットがタオ島のマフィアの息子で2人を殺した」という見出しについて、トーヴィチェン一族と和解し、2014年9月24日、謝罪記事を掲載した。カオソットとカオソット・イングリッシはマティチョン・グループの一員である。

“I think it should be a moral lesson that every media agency should exercise judgement, they should be more professional than this. Don’t just sell news. Have some ethics. Present facts,” Woraphan said.
Woraphan said he and his son try to live as normally as they can, but their lives are still tainted by the suspicion.
Death Row Optimism
Zaw Lin and Wai Phyo are now held in two separate cells on Bang Kwang’s death row. They say they are treated well and their cells are larger than at the Koh Samui jailhouse. Prison guards let them read books in their free time, Zaw Lin said.
“I no have beating. Nobody makes problem,” Zaw Lin said. “I meditate. I read books. I am now learning English, because my English is bad.” Because they didn’t speak Thai, Zaw Lin said he and Wai Phyo communicate with prison guards mostly in hand gestures.
According to Zaw Lin, even people in prison believe he and Wai Phyo are innocent. “They know I don’t killing. So they make no problem,” he said.
He also said he’s grateful for support from the outside world.
“I want to say ‘thank you very much’ for supporting me. They write letters every week. Some people send money to help me. I am happy,” Zaw Lin said.
Zaw Lin added that he still hopes to get out of prison one day and return to Myanmar (“I not come back to Thailand again!” he said with a laugh), but only if the court exonerates him. That’s why they won’t apply for a pardon.
“I need justice. I need truth. I will get out, with justice only,” Zaw Lin said. “I want people to know I no killing. I have the truth. I want justice.”

「すべてのメディは、自分で事実を判断してから記事を掲載するべきだという教訓を得たと思う。もっとメディアはプロになるべきだ。ニュースを売るだけではだめだ。事実に根差した倫理観が必要だ。」とウォラパンは述べる。
今、自分と息子は、できるだけ普通に生活しようとしているという。しかし、いまだ、疑惑に汚染されている。

死刑囚監房の楽観主義
ザオ・リンとワイ・プヨは、現在、バンクワン刑務所の死刑囚監房の独居房にいる。待遇はよく、独居房はサムイ島の留置所より広いと述べる。刑務所の警備員は自由時間に本を読ませてくれると、ザオは述べる。
「殴られることはないし、変なこともされない。瞑想をして、本を読む毎日だ。今、英語を勉強している。英語ができないからね。」タイ語が話せないために2人は警備員とジェスチャーでコミュニケーションをしているとザオ・リンは述べる。
ザオ・リンに言わせると、刑務所の人々さえも、2人が無実だと信じていると言う。
「自分が殺していないと皆、わかっているんだ。だから何も変なことをしない。」
そして、刑務所の外の人々の支援に感謝していると述べた。
「自分を支援してくれて感謝する。毎週、手紙が来る。お金を送ってくれる人もいる。幸せだ。」
2人は、ある日、刑務所から出てミャンマーに帰国する希望を持っていると言う。(そのときは、もう、タイに戻らない!とザオ・リンは笑った。)
ただ、それは裁判所が無実だと認めたときだ。だから、恩赦を請わない。
「正しい裁きと真実が必要だ。正しく裁かれたときに自分は刑務所の外に出る。」
「自分が殺していないことを皆に知って欲しい。自分は真実を語っている。公正な裁きを望むのみだ。」

The court and prosecutors are still deliberating on the 200-page appeal files, so no trial date has been set yet, said Andy Hall, a migrant workers rights activist and member of the defense team.
New evidence and witnesses cannot be introduced in appeals; the proceedings will rest on re-interpretation of previous evidence. Hall said the defense team hopes to convince the new judges that police DNA testing procedures were flawed.

裁判所と検事は、いまだに200ページにわたる控訴ファイルを検討している。裁判日程はまだ決まっていないと、移民労働者のための人権活動家で弁護チームのアンディー・ホールは述べる。

新しい証拠と目撃者を控訴に盛り込めなかった。訴訟は今までの証拠の再解釈にかかっている。弁護チームは、警察のDNAテストプロセスに瑕疵があると、裁判所が新しい判断をすることを願っていると述べた。

この「タイ字新聞~」の記事を興味深く感じていただけたら、
アイコンにクリックをお願いいたします。
皆様からクリックとコメントが励みになります。
どうぞよろしくお願いします。


にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kodek

Author:Kodek
タイの社会・文化をタイ字新聞やタイ語の記事を通して理解しおうとするブログです。日本語で伝えるタイの情報にはどうしてもバイアスがかかってしまう。タイの新聞にはタイの新聞の「味」があります。おもしろおかしく紹介する風潮とは一線を画してタイ語の記事のおもしろさを伝えられればと思っています。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ブロとも一覧
フリーエリア