プロフィール

Kodek

Author:Kodek
タイの社会・文化をタイ字新聞やタイ語の記事を通して理解しおうとするブログです。日本語で伝えるタイの情報にはどうしてもバイアスがかかってしまう。タイの新聞にはタイの新聞の「味」があります。おもしろおかしく紹介する風潮とは一線を画してタイ語の記事のおもしろさを伝えられればと思っています。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

②映画批評「1日だけの恋人:フェーン・デイ」(9月3日公開)、我々は皆、自分を偽っている



①映画批評「1日だけの恋人:フェーン・デイ」、我々は皆、自分を偽っている
の続きでです。

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

ส่วนเต๋อ-ฉันทวิชช์ ธนะเสวี กับบทเด่นชัยนั้น หนังค่อนข้างจะพยายามทำให้ตัวละครนี้ดู “ขี้แพ้” และ “น่าสงสาร” ที่สุด แต่ในขณะเดียวกันยิ่งหนังพยายามขยี้อารมณ์ให้ตัวละครนี้ดูไร้โอกาสมากขึ้นเท่าไหร่ ยิ่งกลับให้ตัวละครนี้ดูเป็นมนุษย์ “ปกติ” น้อยลงเท่านั้น (ตามเวลาที่หนังดำเนินไป)
ท่ามกลางบทภาพยนตร์ของแฟนเดย์ที่อาจจะดูเหลือเชื่อ แต่ในหลายๆครั้งหนังก็พยายามทำตัวซีเรียสจริงจังเพราะราวกับผู้กำกับเหมือนกำลังเป็นกังวลว่าถ้าเขาเลือกจะ “ใจร้าย” หรือพยายามไม่ตามใจผู้ชมส่วนใหญ่ที่คาดหวัง “สูตร” สำเร็จตามประสาหนัง GTH แล้วจะทำให้คนไม่ชอบหนังเรื่องนี้ ทำให้หนังมีความลังเลในตัวเองอยู่ตลอดเวลา จะพาไปในด้านผิดหวังเศร้าโศกเลยก็ไม่ใช่ จะพาคนดูไปสู่ความสุขเลยก็ไม่เชิง กราฟของหนังเลยมีความ “ขึ้นๆลง” อยู่ตลอดเวลา ทำให้ท้ายที่สุดแล้วสิ่งที่มันควรจะ “กระทบใจคนดู” ที่สุด จึงไปไม่ถึงจุดนั้นเสียที
อย่างไรก็ตามในภาพรวมแล้ว “แฟนเดย์” ก็ยังจัดเป็นหนังไทยที่ผู้ชมจะมีความสุขไปกับเรื่องราว (สำหรับคนที่อิน) และอย่างน้อยเราก็จะได้เห็นการแสดงชั้นดีของ มิว-นิษฐา ซึ่งเผลอๆ เธออาจจะคว้ารางวัลนักแสดงนำหญิงยอดเยี่ยมช่วงต้นปีหน้าเลยก็ว่าได้
@พริตตี้ปลาสลิด
3 คะแนนจาก 5 คะแนน


一方、ターことチャンタウィット・タナセウィーのデーンチャイ役であるが、キャラクターを、負け組のすごく残念な人物にしている。同時に、キャラクターを落ち着かない性格にして、いつもチャンスを失っているように見えるようにしているが、次第に、そのキャラクターは、映画を見るにつれて、普通の人物のように見えてくる。
フェーン・デーイの映画のシナリオの中盤は絵空事に見えるかもしれないが、何度も映画は深刻な場面を作る。監督は、GTHの決まり事であるハッピーエンドを期待する多くの観客を満足させなかったら、観客はこの映画を嫌いになることを恐れているかのようである。その恐れが、映画を常に迷走させ、期待外れにしている。ここには本当の悲劇はないし、一緒に連れだって幸せになるために観る映画ともちょっと違う。つまり、常に観客の期待に応えようとして外しているのである。最後の最後に観客に感動を与えるべきものにたどり着かない。いずれにしても、フェーン・デイは、まあ普通に、観客が物語を見て幸せになるタイ映画となっている。
少なくとも、ミウ・ニサターの最高の演技を見ることができる。忘れるところだったが、彼女は今年前半の最高女優演技賞を取るかもしれない。

@プリティープラサリット
映画の評価:5点中3点

この「タイ字新聞~」の記事を興味深く感じていただけたら、
アイコンにクリックをお願いいたします。
皆様からクリックとコメントが励みになります。
どうぞよろしくお願いします。


にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

スポンサーサイト

<< ①ニュースにして世間を騙し収入を得るナンパ野郎のデーヴィット・ボンドの言い分を聞こう、アジアの女性を不幸にしないためにも | ホーム | ①映画批評「1日だけの恋人:フェーン・デイ」(9月3日公開)、我々は皆、自分を偽っている >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム