プロフィール

Kodek

Author:Kodek
タイの社会・文化をタイ字新聞やタイ語の記事を通して理解しおうとするブログです。日本語で伝えるタイの情報にはどうしてもバイアスがかかってしまう。タイの新聞にはタイの新聞の「味」があります。おもしろおかしく紹介する風潮とは一線を画してタイ語の記事のおもしろさを伝えられればと思っています。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

消え行くバンコク:首都はどのように、誰のために、開発されるのか

160705khaosodEnglish.jpg

VANISHING BANGKOK: WHAT IS THE CAPITAL BEING REMADE INTO, AND FOR WHOM?
July 5, 2016 10:30 am

消え行くバンコク:首都はどのように、誰のために、開発されるのか

2016年7月5日
カオソット・イングリッシュより

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

バンコク:バンコクには、サパンレックの玩具の迷路からパク・クロン花市場の活気ある路上など様々なマーケットがあるが、いくつかの有名な活気ある路上マーケットの営みが消えつつある。

旅行ガイド等で宣伝されるバンコクの路上マーケットの猥雑な魅力は、軍部が2014年にクーデターで政権を奪った直後から、市当局のクリーンで秩序ある街キャンペーンの目の敵となってしまった。住民から文句が出ても、市当局は、公共スペースを再開発する軍事政権の政策を遂行しているだけだと繰り返すのみである。しかし、そのキャンペーンは住民の反対運動に遭遇してきている。

こうしたキャンペーンは、バンコクの魅力をただで開発業者に売り渡していると見る者もいる。対象となっている地域は、通勤電車ラインが延長を予定しているルート上にあり、土地開発で価格が上がると見なされている地域なのだ。

「活気のある路上マーケットがある生活」を、交通渋滞とセンスのよい商品が売られる路上のカオスにすぎないと考える人にとって、このキャンペーンこそが、もっと活気のある街にしようとずっと実施してきた試みなのだ。

取材でいくら話しても明確にならないのは、バンコクは、この先、10年、30年でいかなる街にするのかというマスター・プランだ。

誰もこの質問に答えられない。2014年からバンコクの再開発キャンペーンを筆頭に手掛け、バンコク首都圏庁の顧問チーフのヴァロップ・ウワンディー氏もそうである。バンコク首都圏庁とその顧問チームは、ただ、歩行者優先の権利を最優先原則にして再開発を行なっている。

トップ・ダウン式行政運営は、社会生態系における市場の位置づけを無視していると批判する者がいるが、ヴァロップ氏は、路上屋台の撤去は、社会の利益に適うと言う。

ヴァロップ氏は2015年8月のエラワン祠爆発事件を1例として指摘する。

「ラーチャプラソンでエラワン祠爆弾事件のような攻撃があったとしても、首都圏庁当局が現場に急行するのは難しい。路上屋台があるため、被害者を搬送し、火事を処理したりするのが困難な作業となる。」

市当局は、庶民の生活の営み全般を排除しようとしているのではなく、借料も税金も払わずに公共的な路上に侵入し、交通妨害や営業排水による環境汚染を引き起こしている利己的な路上販売業者を排除しようとしているのだと説明する。

テロリズムの憂慮に加え、ヴァロップ氏は路上で売られている商品が倫理上許されるか、もっと関心を払うべきだと述べる。

「クロントムやサパンレックは、税金逃れの商品や悪趣味を助長するセックス関連商品で溢れていた。これらは庶民の生活の営みに関係あるだろうか。断じて違う。」

さらに、移民排斥感情を弁明に利用して次のように述べる。

「ひいては、国家上の治安の問題がある。路上販売者はタイ人ではなく、屋台のオーナーに雇われている外国移民である。」

見えざる機能

経済的には需要がなければ路上屋台は流行らない。

大多数が最低賃金が300バーツを稼ぐ物価の高いバンコクでは、渋滞を避けようと急ぐ必要がある。ある都市計画デザイナーは、路上屋台は安い値段で短時間に食事を提供できるため、都市機能の重要な要素があると述べる。

「道路は歩けるようにしなければならないが、簡単に食事ができる権利も必要だ。」と、ロックフェラー財団で運河と鉄道システムのリンク方法を研究しているヤンヨン・ブーンロングは述べる。


食事をレストランで座って取る時間とお金が十分にないことが、返って、ヤンヨン氏が言うところの都市のDNAを創り上げることがある。

さらに、バンコクは、昼も夜も商売人が商売しながら自然に人々を見守ることで、安全な場所となっている。

「彼らが街の目となっているため、路上屋台があることで人々は夜も安心して歩けると感じている。」

『バンコク:手作り交通路線マニュアル』の著者は、すべての路上屋台撤去が最適解にはならない、政府は路上屋台の経済的機能を規制しながらも有効利用すべきである。」と述べる。

トップダウン政策

影響を受けるのは路上の商売人ばかりではない。バンコクの公共的土地に居座り、発展した伝統的なコミュニティーもそうである。

論議を呼んだ事例として、ポムマハカンのケースがある。ここでは、長年歴史的要塞壁の裏側で100年以上も多くの家族が暮らして来た。この25年間、市による立ち退き命令と闘いながら住んでいる。この4月に、また、立ち退き命令が出て、先月、初めて市の職員と住民との間で、腰を据えた歴史的な話し合いが行われた。

近くのホテルを所有しているサノン・ワンスランボーン氏は、この問題に巻き込まれ、近隣住民のコミュニティーを助けようとしている人物であるが、バンコクの発展問題を解決するのに26年は長くないと言う。

「非常に典型的だが、当局は、現在の歴史的経緯をよく考えずに、自分たちがやりたいことを持ち込んでこの地域に合わせようとする。」

影響が出る住民やコミュニティと話し合いもせずに、トップダウンの政策で法令によって撤去してしまうだけで、バンコク首都圏庁が都市の将来の開発にどれだけ見識のあるビジョンを持っているかを国民に証明していない。
それどころか逆の顕著な例としてクロンオンアン運河がある。昨年、サパンレックとその上の無断占拠された屋台が破壊された際に、「国民のために」という名目で返還要求がなされた。

「現在、そこは撤去され無益なスペースとなっている。住民に影響を与えずに開発できる土地はたくさんあった。撤去することに利便性があると証明できるなら、人々を移転させた妥当性をちゃんと説明すべきである。」とサノン氏は述べる。

目先の地域開発提唱者は、バンコクには規制が必要だと論ずる。しかし、どの場所も人々に家があって生活が営まれている故に、政策は、人々のニーズに基づいたものになるべきだ。
「私が求めるものは、トップダウンではなくボトムアップを重視した行政のビジョンである。」と氏は述べる。


BANGKOK — From Saphan Lek’s labyrinth of toys to the blooming sidewalks of the Pak Khlong Talad flower market and on and on across the capital, some of the best examples of Bangkok’s vibrant street life are being swept away.

The messy charm of street markets touted in the pages of travel guides has been the target of a cleanliness and order campaign taken up by City Hall almost immediately after the military seized power in the 2014 coup d’etat. When anyone complains, officials repeat they are merely carrying out junta policy to restore public space.
The campaign has met a split reaction.

Some see it as trading away the Thai capital’s charms for what is actually a giveaway to developers. They point to the fact that the targeted areas lie along routes where commuter rail lines system are set to expand; land that will see its value explode.

For those who find “vibrant street life” synonymous with bumper-to-bumper traffic, hip-to-hip sidewalks and general chaos, the campaign is a long overdue attempt to make the city more livable.

What’s not clear from the conversations taking place, is what kind of city Bangkok is striving to become in another decade or three. What is the master plan?

No one can answer best these questions like Vallop Suwandee, who has headed what the city calls its “reorganization” campaign since it began in 2014. Vallop, who holds the title, chairman of Advisers to the Governor of Bangkok, said he and the Bangkok Metropolitan Administration are only guided by one principal: pedestrians rights.

Where critics see a top-down approach that ignores the markets’ place in the social ecosystem, Vallop argues the street offensive is for society’s benefit.

He pointed to the August 2015 bombing of the Erawan Shrine as one example.

“Imagine if there is an attack like the one at Ratchaprasong, the BMA would have difficulty getting to the spot,” he said. “Moving the victims, controlling fire – all would be tough because the street is covered by stalls.”

What City Hall is trying to get rid of, Vallop said, is not a way of life, but the selfishness of street vendors who never pay neither rent nor taxes yet invade public sidewalks, obstruct traffic and pour pollution down city drains.

In addition to worrying about terrorism, he said people should be concerned about the morality of some products sold in the street.

“Khlong Thom and Saphan Lek were full of tax-evading products or goods that promoted bad sexual behavior,” he said. “Are these thing considered ways of life? I say no.”

Even more, he played to anti-immigrant sentiments to make his case.

“Furthermore, there is also an issue about national security,” Vallop said. “Street vendors now are not Thais, but immigrants hired by the stall owners.”

Unseen Function

Given basic economics, there would be no street stalls if there was no demand for them.

In an expensive city where the majority earn the 300 baht minimum wage or less, and people often have to hurry to beat the traffic, an architecture urban design thinker argued street stalls serve important functions, such as providing food at an accessible price and time.

“The pavement should be walkable,” Yanyong Boon-Long, who is researching means for linking the khlong and rail systems for the Rockefeller Foundation, said. “But there should also be a right to accessible food.”

The lack of time or money to sit down in a proper restaurant for every meal has created what Yanyong describes as the DNA of the city.

Moreover, Bangkok is a safer place as the vendors out day and night provide a natural surveillance system.

“They are eyes on the street,” he said. “People feel safer at night when there are street shops around.”

The writer of the book “Bangkok: Handmade Transit” said knocking it all down is not an optimum solution. Instead, government should regulate and make use of its economic function.

Top-Down Policy

Those affected aren’t just street vendors, but historic communities that happened to rise over what is now considered public property in Bangkok.

One controversial case is Pom Mahakan, where a number of families have been living for over a century behind the walls of a historic fort in the old quarters. They’ve been living on borrowed time for a quarter of that century, fighting eviction by the city. Late last month city officials sat down to talk to them for the first time in a historic meeting after their most recent eviction notice was served in April.

Sanon Wangsrangboon, who owns a hostel nearby, was struck by the problem and recently got involved in helping the community protect their neighborhood. It did not take long for the 26-year-old to find out the problem of city development.

“It is very conventional,” he said. “Instead of looking at the present context, they bring what they want and try to fit it in with the area.”

Not only is the top-down policy executed by decree without any consulting with the people and communities affected, Sanon said there’s also no proof for the public to see that what the BMA does is part of an intelligent vision for the city’s future development.

Instead, the obvious example is Khlong Ong Ang, an old waterway reclaimed “for the public” late last year when workers demolished Saphan Lek and the stalls squatting over it.

“And it now has become useless space,” he said. “There were a lot of areas that they could have developed without affecting people,” Sanon said. “If they can prove that benefit would be made, they will be able to create legitimacy to removing people.”

The part-time community development advocate agreed that the city needs regulation. But as everywhere is always a home for someone, those policies should be based on human needs.
“What I want to see is a changed vision of governance, from top-down to bottom-up,” he said.

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ




スポンサーサイト

<< バンコク公共交通機関4路線共通乗車カード「スパイダーカード」デビュー | ホーム | アパートの部屋で女性教師の喉を切って殺した下手人を逮捕、見染めて暴行目的で侵入、反抗されて殺したと自白 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム