2016-02-08

ハーバード大学に留学し奨学金を弁済しない歯科医の女性についてのその後の進展

160208bkkpost.jpg

米国在住のタイ人グループ、留学奨学金を弁済しない歯科医の女性に一斉にブーイング

米国在住のタイ人グループ、留学奨学金を弁済しない歯科医の女性に一斉にブーイング-その2-


前の記事で取り上げた歯科医の女性の奨学金弁済を4人の保証人に肩代わりさせようとしている事件は、タイで大きな話題となっている。
奨学金を出した有名大学とはマヒドン大学で、米国の一流教育機関とはハーバード大学である。
歯科医の女性の名前もマスコミに上がり、写真もぼやけたものから人相を判断できる鮮明なものに変わった。
以下、バンコクポストの記事に基づいてフォローする。(英文の翻訳ではありません。)

Former dentistry lecturer at Mahidol University Dolrudee Jumlongras is the only one among 5,000 state scholarship grantees who breached her scholarship contract and left the burden of paying off the debt to her guarantors.
According to Arporn Kaenwong, secretary-general of the Office of the Higher Education Commission (Ohec), only 23 out of the 5,000 scholarship recipients between 1992 and 2005 did not eventually return to Thailand.
Unlike Dr Dolrudee, most other recipients who chose not to come back to Thailand found better jobs abroad and they agreed to repay three times the scholarship debt as stipulated in the contract, she said.

マヒドン大学の歯科学部講師だったドルディー・ジュムロングラス女史は、1992年から2005年の間の国費奨学生5,000人の内、唯一、奨学金を返済しなかった女性であるようだ。奨学金の返済は、授与される際の契約に基づいて

① 大学に戻り、奨学金を授与された2倍の期間を勤務する。
② 大学に戻らず、奨学金の3倍の額を返済する。

の2通りがある。5,000人の奨学生のほとんどは、タイに帰国し、おそらく①を選択して奨学金を弁済したが、23名が米国に残り、②の方法で奨学金を弁済している。

One of the guarantors stuck with the bill for runaway dentist Dolrudee Jumlongras' unpaid 30 million baht student loan said on Wednesday she had sent a new email from the United States promising yet again to repay the money.
Dentist Padet Poolwithayakit posted the details on his Facebook account.
He said Ms Dolrudee had sent an email to another guarantor insisting that she had every intention to repay them, as she had repeatedly promised previously.
Mr Padet said Ms Dolrudee sent this email: "As I mentioned to you, P'Pui, P'Padet and Aj Araya several times that I will pay all of you the loan you got plus interest. I'm still looking for a way to find the money to pay you and perhaps, it may be better that you hear it directly from me so that you can be reassured that I will do it as I promise?"
The message also said, "I just talked to P'Pui and she's aware of my intention and sincerity. Please give me the best number and time for me to call you."

ドルディー・ジュムロングラス女史が奨学金を弁済しないつけは、結局4名の保証人の責任になるが、4人の保証人の1人が、先週の水曜日、彼女は支払う意思があると言っていると新しい見解を示した。しかし、保証人の1人でフェイスブックで最初に告発したパデット歯科医は、彼女は支払うとメールで何度も言っているが、実際、支払っていないと反論している。

Mahidol University and the Office of the Higher Education Commission (Ohec) are planning to file a lawsuit to have its former dentistry lecturer, Dolrudee Jumlongras, declared bankrupt, in order to help collect her scholarship debt.
Banchong Mahaisavariya, vice-president of Mahidol University, said at a press conference Tuesday that he is discussing with Ohec about using legal means to force her into bankruptcy before the 10-year statute of limitations expires on Feb 14 this year.
Dr Dolrudee is now a US citizen having married and settled down in the US. This puts her beyond the reach of Thai law, Dr Banchong said.
"Under Thai law, if Dr Dolrudee is not bankrupt, we are unable to take legal action, seize her property or even ask the Immigration Office to help screen for her at airports in case she returns to Thailand. All we can do is file a civil lawsuit and follow legal procedures," he said.

マヒドン大学と高等教育委員会事務局は、ドルディー・ジュムロングラス女史を告発し、奨学金の債務を回収するために破産宣告を受けさせることを計画しているらしい。
マヒドン大学の副学長は、記者会見で、10年間の奨学金の返済期限失効の2月14日前までに破産宣告の法的手続きを受けさせることを検討しているが、彼女が現在、米国市民となり結婚して米国に住んでいるため、タイの法律が適用されないことがネックになっているようだ。
つまりは、せいぜいできることは、民事訴訟により法的な手続きのみかもしれない。

Dr Dolrudee, who allegedly breached her state scholarship contract and left a 30-million-baht debt with her guarantors, currently works at Harvard University.
Dr Dolrudee's four guarantors for her Master's degree and PhD at Harvard over a period of 10 years from 1993 have already cleared a 10-million-baht debt negotiated with the Comptroller General's Department. Dr Banchong said that Dr Dolrudee remains fully responsible for the entire scholarship debt of 30 million baht.

ドルディー・ジュムロングラス女史は、奨学金弁済を履行せず、3,000万バーツの債務を無視してハーバード大学で働いている。
彼女は、1993年からハーバード大学の修士と博士課程の10年間に渡って奨学金を受けており、1,000万バーツに関しては交渉により免責を受けているが、まだ、3,000万バーツの債務の支払責任があるのである。

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Kodek

Author:Kodek
タイの社会・文化をタイ字新聞やタイ語の記事を通して理解しおうとするブログです。日本語で伝えるタイの情報にはどうしてもバイアスがかかってしまう。タイの新聞にはタイの新聞の「味」があります。おもしろおかしく紹介する風潮とは一線を画してタイ語の記事のおもしろさを伝えられればと思っています。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
ブロとも一覧
フリーエリア