プロフィール

Kodek

Author:Kodek
タイの社会・文化をタイ字新聞やタイ語の記事を通して理解しおうとするブログです。日本語で伝えるタイの情報にはどうしてもバイアスがかかってしまう。タイの新聞にはタイの新聞の「味」があります。おもしろおかしく紹介する風潮とは一線を画してタイ語の記事のおもしろさを伝えられればと思っています。

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

ブロとも一覧

フリーエリア

ใช่の用法について(不思議なタイ語)

ใช่の用法についてのメモ

ใช่は普通、「しかり、そうである」という意味を持っています。けれども下記のような文章はそのように訳すと変な感じになってしまいます。むしろ、「そうでない、とかnot that」という風に全体を否定する意味になるようです。

ผู้ที่จะทำเงินได้ก็ใช่ว่าจะต้องเป็นช่างต่าง ๆ โดยอาชีพอยู่แล้ว
×お金を稼げる人は、すでにその職業についている職人である必要があるのである。

「危機に瀕した洪水時に生計のため働くことは、「チャンス」でもある(続き))
タイ字新聞、タイ語の記事をとりあえず日本語にしてみるより)

ผู้ที่จะทำเงินได้ก็ใช่ว่าจะต้องเป็นช่างต่าง ๆ โดยอาชีพอยู่แล้ว
お金を稼げる人は、すでにその職業についている職人である必要はない。

この辺の事情を説明している資料をさがしました。オンラインの辞書にも十分な説明が見つからなかったものの冨田先生の「タイ日辞典」に、以下の説明がありました。

文法句法として ใช่ = ไม่ใช่ _に用いることがある。

よって、

โดยใช่เหต

×故あって
○故なくして

ใช่แต่เท่านั้น

×それと同じことで
○それのみならず

ใช่ว่าเขาไม่รู้แต่เขาไม่พูด

×彼は知らないが、言わないのだ。
○彼は知らないのではなく、言わないのだ

と使われるのだそうです。

ใช่ว่าแหล่งกำเนิดปลาร้านั้นจะมีอยู่เฉพาะแถบอีสาน แต่ยังมีอีกหลายแหล่งทั่ว ๆ ประเทศไทย ทั้งภาคเหนือภาคกลาง



イサン風塩づけ魚の由来はイサーンにだけあるのではなく、タイの別の様々な場所、タイ北部にもタイ中部にもある

ブログランキングに参加しました。
クリックしていただくと励みになります。

にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

<< その2:タクシン、国王に勅令を強制、インラック内閣、恩赦の勅令案を通す、ラームはインラックが外に出ている間に姦計を練る | ホーム | タクシン、国王に勅令を強制、インラック内閣、恩赦の勅令案を通す、ラームはインラックが外に出ている間に姦計を練る >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム